研究成果

非対称な人工格子構造が操る垂直磁化の新メカニズムを実証


2019年05月24日


     Woo Seung Ham 化学研究所博士課程学生、塩田陽一 同助教、森山貴広 同准教授、小野輝男 同教授、Abdul-Muizz Pradipto 三重大学助教、中村浩次 同教授、薬師寺啓 国立研究開発法人産業技術総合研究所研究チーム長らの研究グループは、Sanghoon Kim 蔚山大学助教、Kyoung-Whan Kim 韓国科学技術院主任研究員、Hyun-Woo Lee 浦項工科大学教授、Kyung-Jin Lee 高麗大学校教授らの研究グループと共同で、非対称な人工格子構造(Pt/Co/Pd構造)が操る垂直磁化の新メカニズムを実証しました。

     本研究成果は、高い記録記憶密度、高速の読み書き、低い動作消費電力、高い書き換え耐性を持つ不揮発性磁気デバイスの早期開発に向けて、新しい開発指針を提供します。

     本研究成果は、2019年5月22日に、国際学術誌「Physical Review B: Rapid Communications」のオンライン版に掲載されました。

    図:本研究は、非対称なPt/Co/Pd構造が正に大きい磁気異方性エネルギーを生じ、強い垂直磁化が得られることを明らかにしました(図のオレンジ軸)。またこの実験結果を、第一原理計算を用いた理論により証明しました(同緑軸)。

     

    詳しい研究内容について

    書誌情報

    【DOI】 https://doi.org/10.1103/PhysRevB.99.180410

    Abdul-Muizz Pradipto, Kay Yakushiji, Woo Seung Ham, Sanghoon Kim, Yoichi Shiota, Takahiro Moriyama, Kyoung-Whan Kim, Hyun-Woo Lee, Kohji Nakamura, Kyung-Jin Lee, and Teruo Ono (2019). Enhanced perpendicular magnetocrystalline anisotropy energy in an artificial magnetic material with bulk spin-momentum coupling. Physical Review B, 99(18):180410(R).


    非対称な人工格子構造が操る垂直磁化の新メカニズムを実証
    現在の画像 JPEG image — 36 KB

    No