研究成果

ヒストン遺伝子を全セット持つ巨大ウイルスの発見 -DNA関連遺伝子のウイルス起源に新たな証拠-


2019年02月08日


     緒方博之 化学研究所教授、吉川元貴 理学研究科博士課程学生、武村政春 東京理科大学教授、村田和義 生理学研究所准教授、望月智弘 東京工業大学研究員らの研究グループは、アメーバに感染する新規巨大ウイルスを発見しました。

     メドゥーサウイルスと名づけられたこの巨大ウイルスは、全セットのヒストン遺伝子をゲノム内に保持しており、特異な粒子形態とゲノム組成から新たな「科」に属することが明らかになりました。ヒストンは真核生物がDNAを折り畳んで核内に収納するために必須な5種類のタンパク質です。その一部を持つウイルスはこれまでにも知られていましたが、ヒストン遺伝子全セットを保持するウイルスはメドゥーサウイルスが初めてです。

     真核生物のDNA関連遺伝子がウイルスに由来するという仮説が提唱されていますが、本研究成果はそうした仮説を支持する結果と考えられます。今後、ウイルスヒストンの役割などメドゥーサウイルスの感染過程を分子レベルで解明することにより、巨大ウイルスと真核生物の太古以来の共進化誌が紐解かれるのではないかと期待されます。

     本研究成果は、2019年2月6日に、国際学術誌「Journal of Virology」のオンライン版に掲載されました。

    図:(左)メドゥーサウイルスの粒子構造。(右)ヒストン遺伝子やDNA複製酵素の系統樹の模式図。

     

    詳しい研究内容について

    書誌情報

    【DOI】https://doi.org/10.1128/JVI.02130-18

    【KURENAIアクセスURL】http://hdl.handle.net/2433/236380

    Genki Yoshikawa, Romain Blanc-Mathieu, Chihong Song, Yoko Kayama, Tomohiro Mochizuki, Kazuyoshi Murata, Hiroyuki Ogata, Masaharu Takemura (2019). Medusavirus, a novel large DNA virus discovered from hot spring water. Journal of Virology.


    ヒストン遺伝子を全セット持つ巨大ウイルスの発見 -DNA関連遺伝子のウイルス起源に新たな証拠-
    現在の画像 PNG image — 394 KB

    No