研究成果

IoT向け新国際無線通信規格Wi-SUN FAN対応の無線機を開発 -世界初となるWi-SUN FANの認証を取得-


2019年02月05日


     原田博司 情報学研究科教授らの研究グループは、株式会社日新システムズとローム株式会社と共同で、IoT向け新国際無線通信規格Wi-SUN FAN (Field Area Network)を搭載した無線機器を開発しました。

     本無線機は、1km程度の距離を安定して伝送することができるIEEE802.15.4/4g/4e技術を核に、Wi-Fi™システムで導入実績のあるインターネット接続用国際規格、およびIPをベースに無線機間の多段中継を実現するマルチホップ国際規格を統合した機能を搭載しています。そのため、スマートシティやスマートメータリングを構成する各種センサー、メーター、モニターを手軽にインターネットに接続することが可能になります。

     本研究で開発された無線機器は、2019年1月30日に、世界で初めてWi-SUN アライアンスが行ったWi-SUN FAN認証試験に合格し、認証を取得しました。

    図:Wi-SUN FANシステムの概要

    詳しい研究内容について

    書誌情報

    • 日刊工業新聞(2月13日 23面)に掲載されました。

    IoT向け新国際無線通信規格Wi-SUN FAN対応の無線機を開発 -世界初となるWi-SUN FANの認証を取得-
    現在の画像 JPEG image — 126 KB

    No