研究成果

プロスタグランジン受容体の立体構造を世界初解明 -アスピリンより有効で、副作用の少ない「スーパー・アスピリン」開発に道-


2018年12月04日


     小林拓也 医学研究科准教授(現・関西医科大学教授)、岩田想 同教授、成宮周 名誉教授(医学研究科特任教授)らの研究グループは、豊田洋輔 関西医科大学研究員、森本和志 同研究員、杉本幸彦 熊本大学教授らとの共同研究により、急性炎症の痛みや腫れ、発熱、さらに動物のストレス行動、慢性炎症やがんにも関与するプロスタグランジンの、受容体の立体構造を世界で初めてX線結晶構造解析によって解明しました。

     本研究成果は、多くの薬物の開発が期待されている標的分子・プロスタグランジン受容体の「形」が原子レベルで明らかになったことで、今後その立体構造を基に慢性炎症、がん、精神疾患などに対して、より有効性が高く副作用の少ない治療薬の探索・設計が可能になると期待されます。

     本研究成果は、2本の論文として、2018年12月4日に、国際学術誌「Nature Chemical Biology」のオンライン版に掲載されました。

    図:本研究で決定したEP4拮抗薬の結合した受容体の立体構造(左)と、立体構造から明らかになった3つのポイント(右)

    詳しい研究内容について

    書誌情報1

    【DOI】https://doi.org/10.1038/s41589-018-0131-3

    Yosuke Toyoda, Kazushi Morimoto, Ryoji Suno, Shoichiro Horita, Keitaro Yamashita, Kunio Hirata, Yusuke Sekiguchi, Satoshi Yasuda, Mitsunori Shiroishi, Tomoko Shimizu, Yuji Urushibata, Yuta Kajiwara, Tomoaki Inazumi, Yunhon Hotta, Hidetsugu Asada, Takanori Nakane, Yuki Shiimura, Tomoya Nakagita, Kyoshiro Tsuge, Suguru Yoshida, Tomoko Kuribara, Takamitsu Hosoya, Yukihiko Sugimoto, Norimichi Nomura, Miwa Sato, Takatsugu Hirokawa, Masahiro Kinoshita, Takeshi Murata, Kiyoshi Takayama, Masaki Yamamoto, Shuh Narumiya, So Iwata & Takuya Kobayashi (2018). Ligand binding to human prostaglandin E receptor EP4 at the lipid-bilayer interface. Nature Chemical Biology.

    書誌情報2

    【DOI】https://doi.org/10.1038/s41589-018-0171-8

    Kazushi Morimoto, Ryoji Suno, Yunhong Hotta, Keitaro Yamashita, Kunio Hirata, Masaki Yamamoto, Shuh Narumiya, So Iwata & Takuya Kobayashi (2018). Crystal structure of the endogenous agonist-bound prostanoid receptor EP3. Nature Chemical Biology.

    • 朝日新聞(12月4日 27面)に掲載されました。

    プロスタグランジン受容体の立体構造を世界初解明 -アスピリンより有効で、副作用の少ない「スーパー・アスピリン」開発に道-
    現在の画像 JPEG image — 144 KB

    No