研究成果

多くの創薬標的受容体(GPCR)を耐熱化する共通の方法を発見 -GPCRを標的とした創薬研究に大きく貢献-


2018年12月14日


     木下正弘 エネルギー理工学研究所教授、村田武士 千葉大学教授、安田賢司 同特任助教、小林拓也 関西医科大学教授、寿野良二 同講師、岩田想 医学研究科教授らの研究グループは、ヒトGPCRであるムスカリンM2受容体やプロスタグランジンEP4受容体に対する耐熱化変異体(耐熱化置換体)を同定し、X線結晶構造解析を用いて両受容体の立体構造の解明に成功しました。また、これらの耐熱化変異体では、アゴニスト(作動薬)やアンタゴニスト(阻害剤)に対する結合親和性が変化していることが見出されました。

     本研究成果により、本耐熱化変異体を用いることにより立体構造解析が可能となるばかりでなく、阻害剤等のスクリーニングが容易となり、GPCRを標的とした創薬研究への貢献が期待されます。

     本研究成果は、2本の論文として、2018年11月12日および12月3日に、国際学術誌「Nature Chemical Biology」のオンライン版に掲載されました。

    図:本研究の概要図

    詳しい研究内容について

    書誌情報1

    【DOI】https://doi.org/10.1038/s41589-018-0152-y

    Ryoji Suno, Sangbae Lee, Shoji Maeda, Satoshi Yasuda, Keitaro Yamashita, Kunio Hirata, Shoichiro Horita, Maki S. Tawaramoto, Hirokazu Tsujimoto, Takeshi Murata, Masahiro Kinoshita, Masaki Yamamoto, Brian K. Kobilka, Nagarajan Vaidehi, So Iwata & Takuya Kobayashi (2018). Structural insights into the subtype-selective antagonist binding to the M2 muscarinic receptor. Nature Chemical Biology, 14(12), 1150-1158.

    書誌情報2

    【DOI】https://doi.org/10.1038/s41589-018-0131-3

    Yosuke Toyoda, Kazushi Morimoto, Ryoji Suno, Shoichiro Horita, Keitaro Yamashita, Kunio Hirata, Yusuke Sekiguchi, Satoshi Yasuda, Mitsunori Shiroishi, Tomoko Shimizu, Yuji Urushibata, Yuta Kajiwara, Tomoaki Inazumi, Yunhon Hotta, Hidetsugu Asada, Takanori Nakane, Yuki Shiimura, Tomoya Nakagita, Kyoshiro Tsuge, Suguru Yoshida, Tomoko Kuribara, Takamitsu Hosoya, Yukihiko Sugimoto, Norimichi Nomura, Miwa Sato, Takatsugu Hirokawa, Masahiro Kinoshita, Takeshi Murata, Kiyoshi Takayama, Masaki Yamamoto, Shuh Narumiya, So Iwata & Takuya Kobayashi (2018). Ligand binding to human prostaglandin E receptor EP4 at the lipid-bilayer interface. Nature Chemical Biology, 15(1), 18-26.


    多くの創薬標的受容体(GPCR)を耐熱化する共通の方法を発見 -GPCRを標的とした創薬研究に大きく貢献-
    現在の画像 JPEG image — 75 KB

    No