研究成果

細胞の運命を制御する人工RNA論理回路の構築に成功


2018年11月20日


     松浦理史 iPS細胞研究所博士課程学生、齊藤博英 同教授らの研究グループは、合成RNAを細胞に導入することで細胞の運命を精密に制御できる人工論理回路を開発しました。

     今回開発した人工論理回路では、細胞内の複数種のmiRNAを検知して入力信号とし、それぞれの論理回路(AND、OR、NAND、NOR、XOR回路)に応じ、出力として任意のタンパク質の発現を制御することに成功しました。これにより、特異的に狙った細胞の機能を精密に制御することが可能となり、将来的には標的細胞の純化に用いるなど、医療応用に貢献できると期待されます。

     本研究成果は、2018年11月19日に、英国科学誌「Nature Communications」のオンライン版に掲載されました。

    図:本研究で開発した人工論理回路の概略

    詳しい研究内容について

    書誌情報

    【DOI】https://doi.org/10.1038/s41467-018-07181-2

    【KURENAIアクセスURL】http://hdl.handle.net/2433/235229

    Satoshi Matsuura, Hiroki Ono, Shunsuke Kawasaki, Yi Kuang, Yoshihiko Fujita & Hirohide Saito (2018). Synthetic RNA-based logic computation in mammalian cells. Nature Communications, 9:4847.

    • 日刊工業新聞(11月20日 25面)および毎日新聞(11月21日 24面)に掲載されました。

    細胞の運命を制御する人工RNA論理回路の構築に成功
    現在の画像 JPEG image — 52 KB

    No