研究成果

ニホンザル血小板減少症の原因ウイルスの特定と病態再現 -マカカ属サル由来レトロウイルスの種間伝播による新規致死性感染症の発生-


2015年04月01日


     岡本宗裕 霊長類研究所教授、宮沢孝幸 ウイルス研究所准教授らの研究グループは、大阪大学微生物病研究所、国立感染症研究所、予防衛生協会、医薬基盤研究所、東海大学医学部、京都府立大学医学部と共同で、ニホンザル血小板減少症の原因がサルレトロウイルス4型によるものであることを特定しました。

     本研究成果は、2015年3月6日付の英国科学誌「Scientific Reports」および米国微生物学会が発行する国際学術誌「Journal of Virology」(2015年4月号)に掲載されました。

    研究者からのコメント

    左から岡本教授、宮沢准教授

     これほどまでに激烈な症状を短期間に引き起こすレトロウイルスは、自然例では知られていませんでした。数万年から数十万年前には、このような強毒なレトロウイルスがアジアで蔓延していて、ニホンザルは40万年前に日本列島に移り住むことで、この種のウイルスから逃れていたのかも知れません。今後は、レトロウイルスがマカク属の自然免疫機構の進化に寄与した可能性も含めて研究を進めたいと思います。

    概要

     ニホンザルは、日本固有のマカク属サルであり、北限の霊長類としても知られています。ニホンザルは学習能力が高く好奇心旺盛で、穏やかな気質をもっているので、研究用の動物として大変適した特性を有しています。そのため、脳研究をはじめとしたさまざまな実験に使用されており、霊長類研究所においても、800頭以上を飼育・繁殖しています。その霊長類研究所で飼育しているニホンザルにおいて、原因不明の血小板減少症が流行し、多数のニホンザルが死亡しました。発症サルに抗生物質の効果がないことや、炎症性反応を示す兆候が見られないことから、この疾病は細菌性ではなくウイルス性であることが推測されていました。

     霊長類研究所を主体とした疾病対策チームは、大阪大学微生物病研究所、国立感染症研究所、予防衛生協会などに協力を依頼し、同疾病とベータレトロウイルス属に分類されるサルレトロウイルス4型(SRV-4)の感染の有無に相関があることを見い出しました。その結果を受けて、ウイルス研究所の研究チームは、血小板減少症を呈するニホンザルからSRV-4を分離、ニホンザルに実験感染させることで血小板減少症が短期間のうちに誘導されることを見い出しました。さらに、遺伝的に単一なSRV-4の感染によっても血小板減少症が誘導されることを見い出し、ニホンザル血小板減少症がSRV-4単独感染で引き起こされる疾病であることを証明しました。

     また、SRV-4が感染する際に必要なウイルス感染受容体、ニホンザルにおけるウイルスの増殖部位を明らかにし、発症メカニズムの一端を明らかにしました。SRV-4は国内で飼育されているカニクイザルにも感染していますが、カニクイザルでは重篤な疾病を起こしません。弱病原性の霊長類由来レトロウイルスが、交雑が起こるほど近縁な霊長類に新たに感染して重篤な疾病を引き起こすことは、これまで知られていませんでした。本研究は、霊長類由来レトロウイルスの種間伝播による新興レトロウイルス感染症の発生機構の解明に役立つと考えられます。


    図:発症ニホンザルの血漿中にみられたウイルス粒子。太線は100nmを示す。

    詳しい研究内容について

    ニホンザル血小板減少症の原因ウイルスの特定と病態再現 -マカカ属サル由来レトロウイルスの種間伝播による新規致死性感染症の発生-

    書誌情報

    [DOI] http://dx.doi.org/10.1128/JVI.03611-14

    Rokusuke Yoshikawa, Munehiro Okamoto, Shoichi Sakaguchi, So Nakagawa, Tomoyuki Miura, Hirohisa Hirai, Takayuki Miyazawa
    "Simian Retrovirus 4 Induces Lethal Acute Thrombocytopenia in Japanese Macaques"
    Journal of Virology vol. 89 no. 7 pp. 3965-3975  April 2015

    [DOI] http://dx.doi.org/10.1038/srep08850

    Munehiro Okamoto, Takayuki Miyazawa, Shigeru Morikawa, Fumiko Ono, Shota Nakamura, Eiji Sato, Tomoyuki Yoshida, Rokusuke Yoshikawa, Kouji Sakai, Tetsuya Mizutani, Noriyo Nagata, Jun-ichiro Takano, Sachi Okabayashi, Masataka Hamano, Koji Fujimoto, Takaaki Nakaya, Tetsuya Iida, Toshihiro Horii, Takako Miyabe-Nishiwaki, Akino Watanabe, Akihisa Kaneko, Akatsuki Saito, Atsushi Matsui, Toshiyuki Hayakawa, Juri Suzuki, Hirofumi Akari, Tetsuro Matsuzawa & Hirohisa Hirai
    "Emergence of infectious malignant thrombocytopenia in Japanese macaques (Macaca fuscata) by SRV-4 after transmission to a novel host"
    Scientific Reports 5, Article number: 8850 Published 06 March 2015

    掲載情報

    • 中日新聞(4月1日 29面)に掲載されました。

    ニホンザル血小板減少症の原因ウイルスの特定と病態再現 -マカカ属サル由来レトロウイルスの種間伝播による新規致死性感染症の発生-
    現在の画像 JPEG image — 19 KB

    No