News

バイエル社と肺疾患の新薬開発のための共同研究契約を締結しました。(2019年1月31日)


2019年01月31日

  • トピックス 大学の動き


     本学とバイエル社(ドイツ)は、肺疾患治療のための薬物標的発見に向け、共同研究契約を締結しました。

     本共同研究契約で、佐藤篤靖 医学研究科助教(呼吸器内科学)の知見と、バイエル社側の創薬の専門知識を組み合わせて、特発性肺線維症の新しい創薬標的を特定するための共同研究を進めていきます。締結に伴い、平井豊博 医学研究科教授(呼吸器内科学)は、肺疾患の新しい治療法を発見するために、バイエル社と緊密に連携し複数のプロジェクトを実行できることへの期待を述べています。

     今回の共同研究契約は、2014年に本学の産官学連携本部とバイエル社とで交わされた包括連携契約を基に、これまで本学医学研究科「医学領域」産学連携推進機構(KUMBL)のサポートを得ながら、共同研究候補主題の探索を継続してきた結果です。

    関連リンク



    No