News

日本電産株式会社の支援による寄附講座「優しい地球環境を実現する先端電気機器工学」の設立について発表しました。(2017年4月7日)


2017年04月14日

  • ニュース 大学から


     本学では、先端的電気機器研究開発を通して将来の地球環境の持続的成長を支えるとともに、当該分野に精通した若手人材を育成することを目的として、2017年4月1日に、日本電産の支援による寄附講座「優しい地球環境を実現する先端電気機器工学」を工学研究科電気工学専攻に設立しました。

     設立に伴う記者発表を百周年時計台記念館で行い、山極壽一 総長および永守重信 日本電産株式会社代表取締役会長兼社長から本寄附講座に対する期待などを含めた挨拶のあと、本講座の特定教授に就任した中村武恒 工学研究科特定教授より概要説明がありました。

     本寄附講座では、持続可能な優しい地球環境を実現するための革新的な電気機器に関する技術研究開発に、基礎的かつ学際融合的見地から広範な学術分野の知見を取り入れつつ取り組みます。これらに関連する分野は多岐に亘っており、基礎科学から産業応用までの幅広い分野での大きな寄与が期待でき、また、これらを通じて、大学院生の研究指導や次代を担う若手研究者の育成という点においても、大きな効果が期待できます。

    左から、永守代表取締役会長兼社長、山極総長

    中村特定教授

    関連リンク


    日本電産株式会社の支援による寄附講座「優しい地球環境を実現する先端電気機器工学」の設立について発表しました。(2017年4月7日)
    現在の画像 JPEG image — 24 KB

    No