Events

  • 宇治キャンパス

第367回生存圏シンポジウム「生存圏ミッションシンポジウム」


2018年02月05日 月曜日

 生存圏研究所は、生存圏科学の共同利用・共同研究拠点の認定を受けた研究所であり、設立当初から一貫して、(1)大型設備・施設利用、(2)データベース利用(3)共同プロジェクト推進の三位一体の活動を目指し、所内の「開放型研究推進部」ならびに「生存圏学際萌芽研究センター」が共同利用と共同研究を分担しつつ、生存圏科学を推進してきました。

 2016年度からの第三期中期計画・中期目標期間には、生存圏科学の国際化とイノベーションの強化を目指します。生存圏の正しい理解と問題解決のための科学ミッションを「環境診断・循環機能制御」、「太陽エネルギー変換・高度利用」、「宇宙生存環境」、「循環材料・環境共生システム」および「高品位生存圏」の5つに再編しました。さらに「生存圏アジアリアサーチノード」の整備と「生存圏フラッグシップ共同研究」の見直しによって体制を整えました。

 本シンポジウムは、このような生存圏研究所の2017年度の活動について報告し、議論します。多くの皆さまの参加をお待ちしています。
  • 2018年02月21日 水曜日 〜 2018年02月22日 木曜日

2月21日(水曜日): 11時20分~15時40分
2月22日(木曜日): 9時30分~15時25分
  • 宇治キャンパス

1日目:
宇治キャンパス生存圏研究所 木質ホール3階
(宇治キャンパス構内マップ[4])

2日目: 
宇治おうばくプラザ きはだホール(ポスター発表会場: 2階 ハイブリッドスペース)
(宇治キャンパス構内マップ[26])

どなたでも参加いただけます。


詳細

プログラム等詳細は以下をご覧ください。


無料




京都大学生存圏研究所 生存圏学際萌芽究センター 
山本 衛
〒611-0011 京都府宇治市五ケ庄
Tel: 0774-38-3814 
E-mail: yamamoto*rish.kyoto-u.ac.jp (*を@に変えてください)


第367回生存圏シンポジウム「生存圏ミッションシンポジウム」
現在の画像 JPEG image — 120 KB

PDF document icon poster.pdf — PDF document, 2392 kB (2450006 bytes)

No