Events

  • その他

2019年度 京大天文教室 in 丸の内 第2回「超新星から迫る恒星最期の100年間」


2019年05月08日 水曜日

 2019年度第2回となる今回は、前田啓一 理学研究科准教授が、「超新星から迫る恒星最期の100年間」と題した講演を行います。

 恒星最期の100年は人間の人生に例えると生涯最期の一日以下に対応します。恒星の生涯最期の振る舞いは天文学における大きな未解明問題です。本講演では、恒星最期の大爆発である超新星の観測から得られつつある恒星終末期進化の新知見をまとめるとともに、ついに始動した京都大学せいめい望遠鏡を用いてこの謎に迫る超新星観測計画について紹介します。
  • 2019年06月14日 金曜日

18時30分~20時00分
  • その他

新丸ビルコンファレンススクエア Room902
東京都千代田区丸の内1-5-1 新丸の内ビルディング9階(オフィスエリア)
(京都アカデミアフォーラムin丸の内 1階下)
アクセス

中学生以上

100名


一般2,500円、高校生以下500円(税込)
お支払い方法については、お申し込みフォームおよび自動返信メールをご確認ください。

以下のURLよりお申し込みください。
https://https://www5.revn.jp/kyodai-original/event/detail?id=13&date=2019-06-14&time=18%3A30

2019年06月10日 月曜日


京大オリジナル株式会社
担当: 川村・柳本
Tel: 075-753-7770
E-mail: kyoto-academia-forum*mail2.adm.kyoto-u.ac.jp (*を@に変えてください)

「京大天文教室 in 丸の内」

「京大天文教室 in 丸の内」は、京都大学の天文学者がファラデーの例にならい、金曜の夜に最先端の天文学の研究成果を市民向けに分かりやすく講演する全10回シリーズです。

2019年度 京大天文教室 in 丸の内 第2回「超新星から迫る恒星最期の100年間」
現在の画像 JPEG image — 56 KB

PDF document icon tenmon190614_web.pdf — PDF document, 890 kB (911709 bytes)

No