Events

  • その他

2019年度 京大天文教室 in 丸の内 第1回「星の最期とその後」


2019年04月03日 水曜日

 2019年度第1回となる今回は、川中宣太 白眉センター特定准教授が、「星の最期とその後」と題した講演を行います。

 太陽のような星(恒星)は永遠に輝きつづけるわけではなく、いつか一生を終えます。しかし、その最期を迎える瞬間やその後に残される中性子星やブラックホールといった天体からは、生きている星にも負けないような激しいエネルギー放出が起きることが分かっています。 本講演では、これらの天体現象とその観測手法について専門用語をなるべく使わずに紹介し、最新の研究で何が分かってきたかについてもお話します。
  • 2019年05月17日 金曜日

18時30分~20時00分
  • その他

新丸ビルコンファレンススクエア Room902
東京都千代田区丸の内1-5-1 新丸の内ビルディング9階(オフィスエリア)
(京都アカデミアフォーラムin丸の内 1階下)
アクセス

中学生以上

100名


一般2,500円、高校生以下500円(税込)
お支払い方法については、お申し込みフォームおよび自動返信メールをご確認ください。

以下のURLよりお申し込みください。
https://www5.revn.jp/kyodai-original/event/detail?id=1&date=2019-05-17&time=18%3A30

2019年05月13日 月曜日


京大オリジナル株式会社
担当: 川村・柳本
Tel: 075-753-7770
E-mail: kyoto-academia-forum*mail2.adm.kyoto-u.ac.jp (*を@に変えてください)

「京大天文教室 in 丸の内」

「京大天文教室 in 丸の内」は、京都大学の天文学者がファラデーの例にならい、金曜の夜に最先端の天文学の研究成果を市民向けに分かりやすく講演する全10回シリーズです。

2019年度 京大天文教室 in 丸の内 第1回「星の最期とその後」
現在の画像 JPEG image — 498 KB

PDF document icon tenmon190517_web.pdf — PDF document, 833 kB (853253 bytes)

No