Events

  • 東京オフィス・京都アカデミアフォーラム

第7回 京大天文教室 in 丸の内「ブラックホールが目で見えた!?」


2018年10月15日 月曜日

※ 問い合わせ先を一部修正しました。(2018年10月2日)

 ブラックホールは強い重力でなんでも吸い込み、「光すら出てこられない」=「黒い穴」という名前を持つ天体です。しかし、実は宇宙で最も強く光る天体でもあります。しかもその明るさを非常に短時間で変えることができます。

 野上大作 理学研究科准教授ら研究グループは、2015年6月、ブラックホール天体である「はくちょう座V404」が明るくなったという連絡を受け、国際共同観測を行ない、この天体の激しい明るさの変化をとらえることに成功しました。このとき、野上准教授ら研究グループの連絡網では「本当にブラックホールが目で見えた!」という報告が飛び交いました。

 今回はなぜブラックホールが光るのか、そこでは一体何が起こっているのかを解説します。
  • 2018年11月09日 金曜日

18時30分~20時00分
  • 東京オフィス・京都アカデミアフォーラム

京都アカデミアフォーラム in 丸の内
東京都千代田区丸の内1-5-1 新丸の内ビルディング10階
http://www.kyoto-af.jp/access/
入館方法

どなたでもご参加いただけます。

100名


一般: 2,000円
高校生以下: 500円
※ 支払方法は、自動返信メールにてご案内します。

以下のURLよりお申し込みください。
https://www.kyodai-original.co.jp/?p=382

2018年11月08日 木曜日

定員に達し次第、申し込みを締め切ります。

京大オリジナル株式会社 担当: 川村・鈴木
Tel: 075-753-7770

「京大天文教室 in 丸の内」とは

京都大学の天文学者がファラデーの例にならい、金曜の夜に最先端の天文学の研究成果を市民向けにわかりやすく講演する全10回シリーズです。

第7回 京大天文教室 in 丸の内「ブラックホールが目で見えた!?」
現在の画像 JPEG image — 140 KB

PDF document icon 01.pdf — PDF document, 764 kB (782952 bytes)

No