Events

  • 東京オフィス・京都アカデミアフォーラム

京大テックフォーラム 「躍進する化学~最先端材料の創製から医療応用まで~」


2017年11月13日 月曜日

 京都大学では、ライセンスや共同研究などを通じて研究成果を社会に還元することを目的に、京大テックフォーラムを開催します。本フォーラムでは、各回テーマを設定し、テーマに関係する本学の研究について、研究者が自らが発表します。

 今回のテーマは、「躍進する化学~最先端材料の創製から医療応用まで~」です。発表の他に、名刺交換、情報交換会も予定しておりますので、ご興味がある方はぜひお越しください。
  • 2017年12月18日 月曜日

13時50分~18時15分
  • 東京オフィス・京都アカデミアフォーラム

京都アカデミアフォーラムin丸の内(新丸の内ビルディング10階)
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/kaf/about/access.html

企業・金融機関の方

先着100名

プログラム

13時30分~

受付開始

13時50分~

開会挨拶

14時00分~

山子 茂(京都大学化学研究所教授)
「ラジカル重合による高分子の精密合成と機能化」

有機テルル化合物を用いる独自のラジカル重合制御法により、鎖状のみならず超分岐高分子の構造を制御して合成することに成功しました。この高機能性高分子材料創製の鍵となる技術について紹介します。  

14時40分~

質疑応答

14時50分~

名刺交換、休憩

15時00分~

陰山 洋(京都大学工学研究科教授)
「複合アニオン材料の合成と新しい機能」

2種類以上のアニオンからなる複合アニオン化合物は、触媒、電池材料などの様々な分野において従来型の酸化物(セラミックス)には無い新しい機能が発現することが見えてきました。本講演では、機能性材料としての可能性を、新たな合成技術とともに紹介します。

15時40分~

質疑応答

15時50分~

名刺交換、休憩

16時00分~

近藤 輝幸(京都大学工学研究科教授)
「双極性ポリマーを基盤とする次世代イメージングプローブの創製」

13Cと15Nでラベルした13C/15N−PMPCの高い腫瘍集積性を多重共鳴MRI法により明らかにし、近赤外蛍光色素導入PMPCは次世代の光音響イメージングに有効なプローブであることを紹介します。

16時40分~

質疑応答

16時50分~

名刺交換、休憩

17時00分~

ポスター掲示・情報交換会

18時00分~

閉会挨拶


セミナー聴講: 無料
情報交換会: 2,000円(会場にて徴収させて頂きます。)

Webから申し込み

以下のWebサイトよりお申し込みください。
http://yakushin.peatix.com

Faxで申し込み

申し込み書に必要事項を記入の上、以下の番号まで送信してください。
Fax申し込み書(PDF)
Fax: 075-753-9145


定員に達し次第、締め切ります。

京都大学産官学連携本部本部長室                                
担当: 大西、河前
Tel: 075-753-9720
Fax: 075-753-9145
E-mail: tech-forum*saci.kyoto-u.ac.jp (*を@に変えてください)

主催:京都大学・関西TLO株式会社

京大テックフォーラム 「躍進する化学~最先端材料の創製から医療応用まで~」
現在の画像 JPEG image — 62 KB

PDF document icon 京大テックフォーラム_20171218(FAX申込付).pdf — PDF document, 1712 kB (1753354 bytes)

No