News

グリーンエネルギーファーム産学共創パートナーシップ(GEFP)を設立しました。(2017年10月25日)


2017年11月08日

  • ニュース 学部・大学院から


     農学研究科は株式会社NTTデータ経営研究所と共同で、エネルギー創造・利用型農業の実用化・普及に向けた「グリーンエネルギーファーム産学共創パートナーシップ」(GEFP)を設立しました。10月25日にその設立総会を京都大学東京オフィスにて開催し、正会員23社の参画がありました。

     GEFPでは、京都府木津川市にある本学農学研究科附属農場を拠点に、エネルギー消費型農業からエネルギー創造・利用型農業(農エネ併産)への転換を実現し、生成されたエネルギーを農業のみならず周辺地域社会で活用して、化石エネルギーへの依存度の低い農業と地域のエネルギー自給の両立を目指します。

     また、大学や研究機関、民間企業等が連携する場として「農エネ併産技術」、「エネルギー貯蔵技術」、「エネルギーマネジメント技術」、「地域分散型エネルギー社会・経済システム」の4分野に跨る学際研究開発プラットフォームを提供し、異なる学問分野・産業分野間の技術や知見を融合することで「農エネ併産」及び「循環・分散型のエネルギーバリューチェーン」による新しい産業・事業モデルの創出に繋がる共同研究・事業開拓を行います。

    記者会見の様子(左から、縄田栄治 農学研究科長、川島祐治 株式会社NTTデータ経営研究所代表取締役社長)

    記者会見の様子

    設立総会の様子

    北島宣 農学研究科附属農場教授による研究会での発表


    現在の画像 JPEG image — 679 KB

    No