News

住友化学株式会社との産学共同講座「固体型電池システムデザイン」の開設について(2020年3月18日)


2020年03月18日

  • ニュース 大学から


     本学と住友化学株式会社は、このたび、次世代二次電池として注目されている固体型電池の実用化に向けた材料および要素技術の開発を共同で行うことに合意しました。本合意に基づき、2020年4月に桂キャンパス内にラボスケールの製造設備、電池性能評価装置などを新たに設置し、安部武志 工学研究科教授をはじめとする研究グループと住友化学株式会社による産学共同講座「固体型電池システムデザイン」を開設します。

     固体型電池は、従来型のリチウムイオン二次電池に用いられている電解質を液体から固体にしたものです。可燃性の電解液を使わないことから、現在主流のリチウムイオン二次電池に比べて高い安全性を持つとともに、電池そのものの高容量化や長寿命化、さらには、急速充電が可能になると見込まれています。これらの特長を生かし、私たちの日常生活に欠かすことのできない情報機器、ウェアラブル端末、医療用途などの民生用小型電池や、航続距離や充電時間の観点から高エネルギー密度および高出力特性が求められる電気自動車(EV)用の次世代電池など、幅広い分野への応用を目指します。

    関連リンク



    No