News

工学研究科大学院生らによるレスキューロボット開発チーム「SHINOBI」が、RoboCup2019世界大会で優勝しました。(2019年7月4日~7日)


2019年07月29日

  • ニュース 学部・大学院から


     松野文俊 工学研究科教授の研究室所属学生を中心としたレスキューロボット開発・運用チーム「SHINOBI」が、2019年7月4日~7日にオーストラリアのシドニーで行われたRoboCup2019世界大会のレスキュー実機リーグにおいて、初めて総合優勝を成し遂げました。

     また、本大会での日本チームの優勝は、2005年以来、14年ぶりとなります。また、「SHINOBI」は、本大会での予選結果から作業性能に関する部門賞である「Best in Class Dexterity賞」も受賞しました。

     ロボカップは、1997年から開催されている世界最大規模の伝統ある国際ロボット競技会で、世界各国から多くの研究チームやロボットエンジニアが参加し、サッカー、レスキュー、@ホームという3つのリーグを通して実践的な研究開発が行われています。

     今回「SHINOBI」は、チームで開発したロボット「FUHGA2」で、レスキュー実機リーグに参加しました。なお、「FUHGA2」は、多田隈建二郎 東北大学准教授の研究室で開発されたグリッパ機構を搭載しています。

     レスキュー実機リーグでは、災害現場を模したフィールドを用いてロボットの遠隔操作性能、不整地の走破性能、アームによる作業性能、マッピングや自動走行による自律探索性能など、災害対応ロボットに求められる多様な性能を総合的に評価します。「SHINOBI」はレスキューロボットに求められる全ての機能を高い水準で充実させ、総合力の高さを発揮して優勝を獲得しました。

     今後、社会で役立つレスキューロボットの実現に向け、さらなる研究開発が期待されます。

    表彰式の様子

    集合写真

    大会の様子(1)

    大会の様子(2)

    関連リンク


    工学研究科大学院生らによるレスキューロボット開発チーム「SHINOBI」が、RoboCup2019世界大会で優勝しました。(2019年7月4日~7日)
    現在の画像 JPEG image — 188 KB

    No