News

「エネマネハウス2017」にて京都大学チームが最優秀賞を受賞しました。(2017年12月16日)


2017年12月28日

  • ニュース 学部・大学院から


     「エネマネハウス2017」表彰式・講評会がグランフロント大阪 うめきたSHIP HALLにて行われ、京都大学チームの「「まちや+こあ」ZEHコアによる町家・コミュニティ再生モデルの提案」が最優秀賞を受賞しました。

     「エネマネハウス」とは大学と民間企業等の連携により、先進的な技術や新たな住まい方を提案するZEHのモデル住宅を実際に建築し、住宅の環境・エネルギー性能の測定・実証や、展示を通じた普及啓発を行うプロジェクトです。

     京都大学チームは、工学研究科建築学専攻の計画系研究室(柳沢究研究室/居住空間学講座)と環境系研究室(小椋大輔研究室/建築環境計画学講座生活空間環境制御学分野)が中心となって、伝統的な町家にZEH化したコアを挿入することで、その空間構成や装いの魅力を保ちつつ各種性能を向上させるとともに、生活文化の継承や地域コミュニティの再生にも貢献する持続可能な住まい方のモデルを提案しました。

     モデル住宅は、23の企業の協力と京都市の後援を受け建築され、受賞したモデル住宅は、2017年12月2日から17日まで大阪市うめきたサザンパークにて一般公開されました。

    ※ ZEH: ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(年間での一次エネルギー消費量が正味ゼロの住宅)

    左から工学研究科修士課程1回生の稲本佳奈さん、同2回生の進藤拓哉さん

    左から、進藤さん、稲本さん、審査委員長の村上周三 建築環境・省エネルギー機構 理事長

    京都大学チーム

    全体写真

    「まちや+こあ」モデル住宅の外観

    「まちや+こあ」モデル住宅の内観

    関連リンク


    「エネマネハウス2017」にて京都大学チームが最優秀賞を受賞しました。(2017年12月16日)
    現在の画像 JPEG image — 153 KB

    No