Events

  • 吉田キャンパス

第4回京都こころ会議シンポジウム「こころとArtificial Mind」The Fourth Kyoto Kokoro Initiative Symposium “Kokoro and the Artificial Mind”


2019年08月22日 木曜日

 2015年4月に発足した「京都こころ会議」は、科学技術の進歩や経済のグローバル化により、複雑化した世界に生きる人間の「こころ」そのものを究明しようという試みです。その際に「こころ」という日本語に含まれる広がりや深いニュアンスを大切にしながら、「こころ」についての新しい理解をKyoto Kokoro Initiativeとして世界に向けて発信します。

 これまでのシンポジウムでは昔からのこころのあり方を、「歴史性」、「内と外」、「共生」、「自己」という切り口から検討してきました。それに対し今年のテーマは「こころとArtificial Mind」で、自然科学と技術の進歩の中でのこころを問い直そうというものです。近年の人工知能、深層学習などのめざましい進歩は、どこまで人間のこころに迫れるのか、またそれとこころはどのように付き合っていけるのかなどを検討できればと思います。
  • 2019年10月14日 月曜日

13時30分~17時40分
  • 吉田キャンパス

百周年時計台記念館 百周年記念ホール
本部・西部構内マップ[3]
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/yoshida/map6r_y/

どなたでも参加できます

500名(お申し込みによる先着順)

プログラム

13時30分~13時40分 開会の言葉
河合俊雄(京都大学こころの未来研究センター長)
13時40分~14時30分 講演(1)「AI時代の心のゆくえ」
西垣通(東京大学名誉教授)
14時30分~15時20分 講演 (2)「深層学習と運動感覚学習ー認知発達ロボティクスの視点からー」
尾形哲也(早稲田大学理工学術院教授/産業技術総合研究所人工知能研究センター特定フェロー)
15時20分~15時40分 休憩
15時40分~16時30分 講演 (3)「心のモデルを考える」
長尾真(京都大学名誉教授)
16時30分~17時30分

総合討論

西垣通、尾形哲也、長尾真、河合俊雄、吉岡洋(京都大学こころの未来研究センター特定教授)

17時30分~17時40分 閉会の言葉
湊長博(京都大学プロボスト 理事・副学長)

無料

件名に「第4回京都こころ会議シンポジウム 申込み」と明記し、必要事項を記入の上、E-mailまたはFaxにてお申し込みください。定員に達し、ご参加いただけない場合のみ、ご連絡を差し上げます。

必要事項

  1. 氏名(ふりがな)
  2. 職業(所属)
  3. 返信用連絡先(メールアドレス)

申し込み先

E-mail:kokoro-sympo*mail2.adm.kyoto-u.ac.jp(*を@に変えてください)
Fax: 075-753-9680

2019年10月06日 日曜日

2019年10月6日(日曜日)
※定員になり次第、締め切ります。

京都大学こころの未来研究センター・こころ会議事務局
(平日9時~17時)
E-mail: kokoro-sympo*mail2.adm.kyoto-u.ac.jp(*を@に変えてください)

主催:京都大学こころの未来研究センター
共催:京都大学人社未来形発信ユニット
後援:公益財団法人 稲盛財団

第4回京都こころ会議シンポジウム「こころとArtificial Mind」The Fourth Kyoto Kokoro Initiative Symposium “Kokoro and the Artificial Mind”
現在の画像 JPEG image — 61 KB

PDF document icon kokorosympo4.pdf — PDF document, 2251 kB (2305404 bytes)

No