Events

  • 吉田キャンパス

第12回京都大学ヒマラヤ宗教研究会 国際ワークショップ 環境問題と仏教 -チベットにおける環境問題と仏教寺院の取組み-


2016年12月19日 月曜日

※ 定員に達したため、申し込みを締め切りました。(2017年1月23日)

 こころの未来研究センター上廣こころ学研究部門ブータン学研究室では、アウトリーチ活動の一環として「ヒマラヤ宗教研究会」を定期開催しています。今回は、「環境問題と仏教 -チベットにおける環境問題と仏教寺院の取組み-」として、ケンポ・ツルティム・ロドゥー ラルン 五明仏学院副学院長に講演いただきます。
  • 2017年01月24日 火曜日

17時00分~19時30分 (開場 16時30分~)
  • 吉田キャンパス

百周年時計台記念館2階 国際交流ホール III
本部・西部構内マップ[3]
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/yoshida/map6r_y/

どなたでもご参加いただけます。

100名(申し込みによる先着順)

講演者

ケンポ・ツルティム・ロドゥー氏(ラルン五明仏学院・副学院長)

プロフィール

1962年、チベット・カム地方(中国四川省)生まれ。
22歳でラルン五明仏学院にて僧侶となり、仏教哲学を修め、「三蔵仏教博士号」(ケンチェン)の学位を得る。現在は、ラルン五明仏学院の副学院長として哲学や密教の教育を行うとともに、ハーバード大学、スタンフォード大学をはじめとする欧米、アジアの大学において、講演活動ならびに学術交流を積極的に行っている。著書多数。

講演題目

環境問題と仏教-チベットにおける環境問題と仏教寺院の取組み-

ディスカッサント

広井良典(京都大学こころの未来研究センター教授)
熊谷誠慈(京都大学こころの未来研究センター上廣こころ学研究部門特定准教授)

※ 各講演には逐次通訳(チベット語・日本語)が入ります。


無料

※ 定員に達したため、申し込みを締め切りました。

件名に「ヒマラヤ宗教 国際ワークショップ申し込み」と明記し、必要事項を記入の上、E-mailでお申し込みください。定員に達し、ご参加いただけない場合のみ、ご連絡を差し上げます。

必要事項

  1. 氏名(ふりがな)
  2. 所属
  3. 返信用連絡先(メールアドレス)

申し込み先

E-mail: kokoro-event*mail2.adm.kyoto-u.ac.jp(*を@に変えてください)

2017年01月23日 月曜日

定員に達したため、申し込みを締め切りました。

こころの未来研究センター・リエゾンオフィス(平日9時00分~17時00分)
Tel: 075-753-9681
E-mail: kokoro-event*mail2.adm.kyoto-u.ac.jp(*を@に変えてください)

使用言語: 逐次通訳(チベット語・日本語)が入ります。
主催: こころの未来研究センター上廣こころ学研究部門ブータン学研究室

第12回京都大学ヒマラヤ宗教研究会 国際ワークショップ 環境問題と仏教 -チベットにおける環境問題と仏教寺院の取組み-
現在の画像 JPEG image — 60 KB

PDF document icon himaraya1.pdf — PDF document, 756 kB (774345 bytes)