News

第11回湯川記念財団・木村利栄理論物理学賞授賞式を開催しました。 (2018年1月17日)


2018年01月24日

  • ニュース 学部・大学院から


     湯川記念財団・木村利栄理論物理学賞の第11回授賞式が基礎物理学研究所湯川記念館パナソニック国際交流ホールにて行われました。式では、受賞者の鈴木博 九州大学理学研究院教授に湯川記念財団代表理事から賞状とメダル、副賞の賞金等が贈られ、式の後には「グラディエントフローによるエネルギー運動量テンソル -場の量子論における対称性と普遍性-」と題して、鈴木氏による記念講演が行われました。

     湯川記念財団・木村利栄理論物理学賞は、元広島大学理論物理学研究所教授・故木村利栄博士の夫人から財団法人湯川記念財団(2012年4月公益法人移行)へ贈られた寄附金をもとに、2007年度に創設されました。木村博士が大きな功績を残された重力・時空理論、場の理論と、その周辺の基礎的な理論研究において顕著な業績をあげた研究者を顕彰するもので、選考は、基礎物理学研究所に設けられた選考委員会が行います。

    左から、九後太一 湯川記念財団代表理事、益川敏英 湯川記念財団顧問、鈴木教授、青木愼也 基礎物理学研究所長、井岡邦仁 選考委員会委員


    第11回湯川記念財団・木村利栄理論物理学賞授賞式を開催しました。 (2018年1月17日)
    現在の画像 JPEG image — 181 KB

    No