News

生体肝移植ドナー向け検査支援アプリ「京大肝ドナー」(京都大学肝移植ドナー用オリエンテーションアプリ)をリリースしました。(5月7日)


2018年05月11日



       山敷宣代 医学部附属病院助教、上本伸二 同教授、海道利実 同准教授らの研究グループは、医学部附属病院において生体肝移植のドナー検査を受ける方に向けて、術前検査の理解を助けるアプリ「京大肝ドナー(京都大学肝移植ドナー用オリエンテーションアプリ)」を開発しました。

       

       本アプリは、201857日よりApp storeにて無料配信が開始されました。

      研究者からのコメント

       

       本アプリは、膨大な医療情報の中から、生体肝移植ドナー検査に関する情報を効率よく、また分かりやすく提供することで、生体ドナー候補者の不安を解消する糸口となることを目指しています。当院での利用の成果については、調査を継続して今後の開発につなげます。

       本アプリは医学部附属病院を受診する方を対象に制作していますが、どなたでも、また固有のユーザーIDを発行しなくても使うことができます。(医学部附属病院では、医の倫理委員会に承認された研究計画に基づいて、利用者固有のユーザーIDを発行した上で利用していただき、質問紙調査にご協力いただく場合があります。)

      図:「京大肝ドナー(京都大学肝移植ドナー用オリエンテーションアプリ)」の画面

       

      詳しい研究内容について


      現在の画像 JPEG image — 58 KB

      No