Events

  • 吉田キャンパス

京都大学・日本財団森里海シンポジウム2019


2019年01月07日 月曜日

 京都大学・日本財団森里海シンポジウム「足元から見直す、持続可能な暮らし ~森里海連環学をレジリエンスで紐解く~」を開催します。

 本シンポジウムでは、森里海連環学の原点に立ち返り、研究者のみならず、実践者、高校生を含めた若者たちが協働し、様々な枠を超えて、私たちの足元を見直し、生態系・人・社会をつなぎ合わせていくアプローチを探ります。

 また、高校生によるポスターセッションを行います。
  • 2019年02月16日 土曜日

10時00分~16時15分
  • 吉田キャンパス

百周年時計台記念館 国際交流ホール

中学生、高校生、大学生、一般の方


プログラム

プレセッション

9時30分~10時00分 開場
10時00分~10時45分 I. オープニング&インスピレーション対話
3つの視点:足元の実践 ×マイクロプラスチックから見える森里海の課題 ×レジリエンス
岡野 豊(エーゼロ株式会社執行役員)×田中周平(京都大学地球環境学堂准教授)×清水美香(京都大学森里海連環学教育研究ユニット特定准教授)
10時45分~11時45分 II. 全員参画型ワークショップ「足元にある持続可能な暮らし」とは?
ファシリテーター: 赤石大輔(京都大学森里海連環学教育研究ユニット特定助教)、法理樹里(同特定研究員)、清水夏樹(同特定准教授)
  • グループワーク
  • シェア+対話

本セッション

13時00分 開会挨拶: 山下 洋(京都大学森里海連環学教育研究ユニット長・教授)
司会: 赤石大輔
13時05分~14時00分 I. 森星海のつながリをレジリエンスで紐解く
基調対話 森とレジリエンスから、社会イノベーションヘ
足立直樹(株式会社レスポンスアビリティ代表取締役)×井上英之(慶応義塾大学特別招聘准教授)×清水美香
14時00分~14時30分 II. 現場を知る:「森里海をつなげる」を実践する現場
対話:岡野 豊 ×千葉 ー(東北学院大学非常勤講師)×清水夏樹
14時30分~14時35分 高校生ポスター1分紹介タイム
14時35分~15時00分 休憩&高校生ポスターセッション
15時00分~15時30分 Ill. 向き合う:マイクロプラスチック問題・自然災害に向き合う
対話: 武知実波(SURFRIDER FOUNDATION アンバサダー)×清野聡子(九州大学准教授)×法理樹里
15時30分~16時15分

IV. 繋げる:協働対話 ~森星海連環学とレジリエンスのこれから~

清水美香・徳地直子(京都大学教授)
コメンテーター:足立直樹、千葉 ー、岡野 豊、清野聡子、井上英之、武知実波
  閾会(アンケート記入)


2019年01月31日 木曜日


京都大学森里海連環学教育研究ユニット
E-mail: eventlap*mail2.adm.kyoto-u.ac.jp (*を@に変えてください)
Tel: 075-753-6487

主催: 京都大学森里海連環学教育研究ユニット、日本財団
共催: 京都大学フィールド科学教育研究センター

京都大学・日本財団森里海シンポジウム2019
現在の画像 JPEG image — 303 KB

PDF document icon シンポチラシ.pdf — PDF document, 1020 kB (1044483 bytes)

No