Events

  • 吉田キャンパス

福井謙一博士生誕百年記念 メモリアルシンポジウム


2018年09月12日 水曜日

 2018年10月4日に福井謙一 博士の生誕百年を迎えることを記念して、「メモリアルシンポジウム」を開催します。

 福井謙一 博士は、アジア初のノーベル化学賞を1981年に受賞し、フロンティア軌道理論(frontier orbital theory)に代表される様々な化学反応理論を提唱されました。また将来を見据えた新しい基礎化学の研究を推進し、化学の基礎分野の融合と啓発および若手研究者の育成に努めるとともに、産業界との交流にも大きく貢献されました。

 教職員、学内外を問わず、多数の方の参加をお待ちしています。
  • 2018年10月12日 金曜日

13時30分~16時15分
  • 吉田キャンパス

百周年時計台記念館 百周年記念ホール【マップ[3]】
(サテライト会場: 国際科学イノベーション棟シンポジウムホール(予定)【マップ[69]】)


研究者のみならず、一般の方々も参加いただけます。

500名

プログラム

13時30分~13時35分 【挨拶】
田中 勝久 福井謙一記念研究センター長・工学研究科教授
13時35分~14時25分 【記念講演1】(同時通訳有)
Roald Hoffmann(米国コーネル大学教授、1981年ノーベル化学賞福井謙一博士と同時受賞)
「Simulation vs Understanding: A Tension, and Not Just in Our Profession」
14時25分~15時15分 【記念講演2】
白川 英樹(筑波大学名誉教授、2000年ノーベル化学賞受賞)
「高分子合成を志して」
15時15分~15時25分 休憩
15時25分~16時15分 【記念講演3】
古川 安(化学史学会前会長)
「『応用をやるなら基礎をやれ』 -福井謙一のたどった道、拓いた世界-」

無料

以下のURLよりお申し込みください。
http://www.fukui.kyoto-u.ac.jp/memorial/

会場の都合により、現在抽選制となっています。 また、お申し込みの人数によってはサテライト会場(吉田キャンパス国際科学イノベーション棟シンポジウムホール(予定))となる場合があります。
サテライト会場では同時通訳を行いません。抽選の結果は、お申し込み時に記載したメールアドレスに通知されます。

2018年09月25日 火曜日

定員に達し次第、締め切ります。

京都大学 福井謙一記念研究センター
〒606-8103 京都府京都市左京区高野西開町34-4
Tel: 075-711-7708
E-mail: fukui-sympo*mail2.adm.kyoto-u.ac.jp (*を@に変えてください)

関連リンク

主催等

主催: 京都大学
運営: 福井謙一記念研究センター
協力: 理学研究科、工学研究科、化学研究所
共催: 京都大学学際融合教育研究推進センター・スーパーグローバルコース化学系ユニット
協賛: 京都大学工化会


福井謙一博士生誕百年記念 メモリアルシンポジウム
現在の画像 JPEG image — 120 KB

PDF document icon 180906_fifc_A4.pdf — PDF document, 927 kB (949691 bytes)

No