News

留学生ラウンジきずな「日本舞踊入門」を開催しました。(2017年5月26日)


2017年06月08日

  • ニュース 大学から

  • 在学生

 2017年5月の「きずな」イベントは2016年も好評を博した「日本舞踊入門」でした。 昨年に引き続き、京都市国際交流会館をはじめ、多くの国際交流施設のイベントで活躍されている「紫の会」の辰巳紫泉先生を講師としてお招きしました。

 まず、参加者たちは着物を簡単に着付けてもらい、日本舞踊で使うため、それぞれが好きな柄の扇子を選びました。そして今回教わる小曲の「桜禿(さくらかむろ)」の歌詞について英語での解説を受けました。その後、お手本の踊りを鑑賞し、唄の内容を学び、講師の熱心な指導のもと、音楽に合わせて実際に踊る練習をしました。練習後の休憩時間には、「羅生門」の日本舞踊を鑑賞したり、参加者同士で会話を楽しんだりしました。休憩後には、男踊りの民謡である「黒田節」を教わり、女性参加者も男性参加者も取り組める内容となりました。

 今回のイベントも日本の伝統芸能を学びながら国際交流を行うことができる、非常に素晴らしい機会となりました。

扇子を使って音楽に合わせて踊る参加者たち

「羅生門」の映像を鑑賞する参加者たち

お気に入りの扇子を持つ参加者たち

集合写真

関連リンク


留学生ラウンジきずな「日本舞踊入門」を開催しました。(2017年5月26日)
現在の画像 JPEG image — 21 KB

No