News

フランス国立科学研究センター(CNRS)との学術交流協定更新の調印式を行いました。(2017年10月1日)


2017年11月01日

  • トピックス 大学の動き


     山極壽一 総長とアラン・フックス(Alain Fuchs) フランス国立科学研究センター(CNRS)総裁が学術交流協定更新の覚書に署名しました。今回の調印式は、国立京都国際会館で開催された「第14回STSフォーラム(科学技術と人類の未来に関する国際フォーラム)」に出席するためのフックス総裁来日にあわせて行われたものです。

     調印式には山極総長、稲葉カヨ 理事・副学長、阿曽沼慎司 理事のほか、産官学連携本部から教員が参加しました。

     本学とCNRSは2013年に協定を締結した後、特に科学・物理分野において研究交流を行ってきました。その例として「Chiral nanostructures for photonic applications」、「Photo-active nanomaterials with cooperative and synergetic responses」、「Impacting materials with light and electric fields and watching real time dynamics」以上3つのテーマにおける日仏複数の大学、研究機関による国際共同研究所の開設が挙げられます。他にも、2015年から2年間、CNRSの研究者が京都大学へ派遣され、開発された新技術を企業へ移転するためのクロスプロモーションを推進しています。

     今回の協定更新によって、このイノベーションと技術移転に関するパートナーシップの継続が可能となりました。今後両機関で一層の共同研究を進めるとともに、企業・CNRS・京都大学の3者間における研究協力の発展を目指していきます。

    左から、アラン・フックス総裁と山極総長

    調印式後の集合写真


    フランス国立科学研究センター(CNRS)との学術交流協定更新の調印式を行いました。(2017年10月1日)
    現在の画像 JPEG image — 622 KB

    No