News

第3回JASTIPシンポジウムが開催されました。(2017年2月5日)


2017年03月01日

  • ニュース 大学から


     「日ASEAN科学技術イノベーション共同研究拠点-持続可能開発研究の推進」(JASTIP)は、バンコクにおいて、「第3回JASTIPシンポジウム -Japan-ASEAN STI Collaboration for SDGs-」を開催し、タイと日本からの参加者を中心にASEAN主要6カ国、日本および中国の計8カ国から約100名の参加がありました。

     今回のシンポジウムは、タイ国立科学技術開発庁(NSTDA)、インドネシア科学院(LIPI)、マレーシア日本国際工科院(MJIIT)と共催し、文部科学省およびAZ Science Thailand Co., Ltd. からの後援を受け開催されました。

     本シンポジウムでは、JASTIPの各研究拠点のこれまでの活動内容を踏まえて、日ASEANの協力により既存の研究分野を超えた連携や産学連携をどのように進めていけばよいのか、日ASEANの科学技術イノベーション(STI)協力の基盤としてこのプラットフォームをどのように強化していけばよいのかを、日ASEANの関係者や有識者と議論し、質疑応答や総合討論を通じJASTIPの今後の活動の指針となる多くの示唆をいただき、ポスター発表により、日ASEANの個々の研究者が直接対話し、新たな日ASEANの科学技術協力強化の場となったと確信しています。

    シンポジウムの様子

    閉会の挨拶をするEnny Sudarmonowati インドネシア科学院副長官

    関連リンク


    第3回JASTIPシンポジウムが開催されました。(2017年2月5日)
    現在の画像 JPEG image — 33 KB

    No