News

ボルドー大学・京都大学・アディスアベバ大学 学術協力戦略会議を実施しました。(2019年8月26日)


2019年09月13日

  • ニュース 大学から

  • 一般・地域

 ボルドー大学・京都大学・アディスアベバ大学 学術協力戦略会議を、アディスアベバ大学エチオピア研究所内で実施しました。

 本会議は、これまで各大学が培ってきたアフリカ地域研究の専門家の相互連携を主な目的として行われたもので、本学からは山極壽一 総長、松田文彦 医学研究科附属ゲノム医学センター長、重田眞義 アフリカ地域研究資料センター長ら8名が出席し、具体的な議論を重ねました。また、在エチオピア日本国大使館からは内田晃 参事官、アフリカ連合日本政府代表部からは海野哲也 参事官が臨席しました。

 会議の冒頭では、松田教授が本学とボルドー大学の交流史を振り返りながら、開催経緯と趣旨説明を行いました。その後、山極総長、マニュエル・チュノンド ララ(Manuel Tunon de Lara) ボルドー大学学長、 タケレメリド(Takele Merid) アディスアベバ大学エチオピア研究所長らによって活発な意見交換が行われました。昨今重要性を増しつつあるSDGs(持続可能な開発目標)の流れを踏まえ、日本・欧洲・アフリカの研究体制を構築することの重要性が指摘され、その実現に向けてお互いが緊密に連携することで意見が一致しました。

 会議の後半では、各大学が注力している「アフリカ地域研究」、「健康と高齢化」、「持続可能な都市」という3つのテーマに焦点を絞って今後の共同研究実施に向けた意見交換が行われました。ブルキナファソのワガドゥグ大学、ナイジェリアのイバダン大学といったアフリカ各地の研究機関からも参加者があり、それぞれの立場から建設的な意見が寄せられました。今後は、欧州諸国に加えて、フランス語圏のアフリカ諸国との連携強化が強く期待されます。

 また、この度の訪問にあわせて、本年4月にアディスアベバ大学エチオピア研究所内に設置した京都大学アフリカオフィスの開所式を執り行いました。アフリカに本学のオフィスを構えることにより、60年以上に及ぶアフリカでのフィールド調査ならびに、研究・教育交流等のより一層の発展を目指します。

会議の様子

開所式の様子

集合写真


ボルドー大学・京都大学・アディスアベバ大学 学術協力戦略会議を実施しました。(2019年8月26日)
現在の画像 JPEG image — 67 KB

No