News

山極壽一 総長が、ボゴール農業大学長を表敬訪問しました。(2018年12月1日)


2019年01月09日

  • ニュース 学部・大学院から


     山極壽一 総長ら一行は、「京都大学・ボゴール農業大学-アジアにおける地球環境学教育・研究に関する国際シンポジウム」の機会を利用し、ボゴール農業大学 (IPB:Institut Pertanian Bogor)のArif Satria 同学長らを表敬訪問しました。

     表敬訪問は、同シンポジウム会場の IICC(IPB International Convention Center)内にある迎賓室で、シンポジウム期間中の12月1日11時00分から13時00分の間に実施されました。本学からは、山極総長他、稲葉カヨ 理事・副学長、舟川晋也 地球環境学堂長、縄田栄治 農学研究科長、大嶋正裕 工学研究科長、杉山雅人 人間・環境学研究科長、速水洋子 東南アジア地域研究研究所長ら8名が、IPBからは、Satria学長の他、Agus Purwito 同副学長、Dodik Nurrochmat 同副学長、Suwardi 同農学部長、Ujang Sumarwan 同人間生態学部長ら10名が出席しました。

     まず、Ernan Rustiadi IPB教育プログラム部長によるIPB側メンバーの紹介と、藤井滋穂 地球環境学堂教授による京都大学側メンバーの紹介がありました。一行は、Satria学長より歓迎の挨拶を受け、山極学長が訪問の挨拶を述べました。その後、両大学の教育・研究の協働などについて懇談しました。続いて両学長によるプレセント交換があり集合写真の撮影を行いました。 撮影後には、「IICC内に設置されているIPBショップ)(IPBが製造している製品(食料品他)の販売店)を見学しました。その後は再び迎賓室に戻り、昼食を取りながら、懇談を行いました。

    山極総長からArif学長へのプレゼント(漆器)

    Arif学長からIPBショップ(serambi Botai)商品のプレゼント

    表敬訪問集合写真


    山極壽一 総長が、ボゴール農業大学長を表敬訪問しました。(2018年12月1日)
    現在の画像 JPEG image — 221 KB

    No