News

第6回国際再生リハビリテーションシンポジウムを開催しました。(2017年11月1~3日)


2017年12月13日

  • ニュース 学部・大学院から


     医学研究科人間健康科学系専攻は、米国ピッツバーグ大学と共催して第6回国際再生リハビリテーションシンポジウムをピッツバーグにて開催し、世界各国から約200名が参加しました。

     本国際シンポジウムでは、多岐に渡る研究者および臨床家を一堂に会し、この新しい再生医療の安全性・有効性・経済性を高め、困難な疾患を患った方の治癒および社会復帰を目標に討議しました。

     シンポジウムでは共同大会長を務めた黒木裕士 医学研究科教授がWelcomeスピーチを行いました。その中で山中伸弥 iPS細胞研究所長よりリハビリテーションへの強い期待を述べたビデオメッセージも紹介しました。また、各分野で活躍している研究者を計33名招聘し、最新トピックスの共有および討議を行いました。京都大学からは櫻井英俊 iPS細胞研究所准教授による骨格筋再生およびリハビリテーションの講演、池口良輔 医学部附属病院准教授による末梢神経再生におけるリハビリテーションの講演を行いました。日本ではまだあまり馴染みの少ない再生リハビリテーションという新しいテーマに活発な議論が交わされ、シンポジウムは盛会のうちに終了しました。

    櫻井准教授による講演

    池口准教授による講演

    山中研究所長の祝辞を紹介する黒木教授

    シンポジウム会場の様子

    共同大会長黒木教授(後列右から3番目)とAmbrosio准教授(4番目)、および若手研究者

    シンポジウム参加者


    第6回国際再生リハビリテーションシンポジウムを開催しました。(2017年11月1~3日)
    現在の画像 JPEG image — 195 KB

    No