News

京都大学-EHESS合同国際シンポジウム「アフリカの地球規模課題に対する地域研究の貢献」を開催しました。(2018年12月3日~4日)


2018年12月18日

  • ニュース 学部・大学院から


     アフリカ地域研究資料センター(CAAS)では、フランス国立社会科学高等研究院(EHESS)と合同で国際シンポジウム「アフリカの地球規模課題に対する地域研究の貢献」を開催しました。

     このシンポジウムは、2015年5月28日に執り行われた全学学術交流協定の調印式、および2017年12月1日~3日に本学で開催した国際シンポジウム「フランス=日本・地域研究フォーラム」の成功を受けたもので、アフリカにおける両機関のさらなる交流と共同研究の方向性を定めることを目的として開催されました。

     本学からは、重田眞義 アフリカ地域研究資料センター長・アジア・アフリカ地域研究研究科教授や北島薫 農学研究科教授をはじめとする研究者9名、EHESSからはセバスチャン・ルシュヴァリエ EHESS教授・日仏財団理事長やエロワ・フィケ 同准教授をはじめとする研究者7名が参加しました。他にも、パリ第7大学、ストラスブール大学、フランス赤十字社(FFJ)といった現地機関や、アンタナナリボ大学、国際アグロフォレストリー研究センター(ICRAF)といった海外の研究機関からも参加がありました。

     2日間にわたるシンポジウムでは、アフリカを舞台とした学際研究の可能性を検討するため、地質学や地球情報学、熱帯生態学、政治経済学、霊長類学、人類学、農学、言語学、考古学などを皮切りに6つのセッションを設け、第一線で活躍する研究者が各自発表を行いました。また溝口大助 独立行政法人日本学術振興会ナイロビ研究連絡センター長も参加され、アフリカにおける研究者間のネットワーキングの貴重な場ともなりました。

     このシンポジウムでは、本学が世界に誇るアフリカ地域研究の蓄積や経験をEHESSと共有することで、両機関の学術的交流を一層深めてゆくことの重要性が改めて強調されました。今後は、間も無くパリ北部に開設される新研究拠点(コンドルセ・キャンパス)活用を視野に入れて、さらなる研究連携を進めていきます。

    左から、重田教授、北島教授、ルシュヴァリエ教授、エロワ准教授

    シンポジウムの参加者


    京都大学-EHESS合同国際シンポジウム「アフリカの地球規模課題に対する地域研究の貢献」を開催しました。(2018年12月3日~4日)
    現在の画像 JPEG image — 188 KB

    No