News

海外危機管理シミュレーションを実施しました。(2017年2月1日)


2017年02月08日

  • ニュース 学部・大学院から

  • 本学教職員
  • 在学生

 アフリカ地域研究資料センターは学生が海外で不測の事態に遭遇した際の対応策を検討する研修「海外危機管理シミュレーション」を実施しました。本研修には、教職員やアジア・アフリカ地域研究研究科の学生ら合わせて約50人が参加し、「セネガル共和国で、本学の学生ら5人が自動車事故にあい、2人が重体、3人が重傷を負った」という想定で対応策に取り組みました。

 参加者らは、経験豊富な旅行業者の講師から「マニュアルがあっても、実際に機能するかどうかが重要です」とアドバイスを受けながら、連絡手段や現地の医療機関、また搬送手段や所要時間、日本側の窓口の確認など、緊急事態の際に日本にいる教職員らがどう対応するべきか、時系列で必要な作業や課題を確認していきました。この研修で、学生らは事前に現地情報を収集して緊急事態に備える重要性を、また職員らもこれまで以上に体制を整えておくことを学びました。

 最後に、シミュレーション実施担当の伊谷樹一 アフリカ地域研究資料センター副センター長が「さらに具体的に考えてノウハウを蓄積し、学内だけでなく日本中にネットワークを広げて対応していきたい」と述べ、参加者らは今後も一丸となって危機管理に取り組むことを確認し合い、研修を終えました。

伊谷副センター長の説明を聞く参加者

緊急事態での対応策を話し合う学生たち


海外危機管理シミュレーションを実施しました。(2017年2月1日)
現在の画像 JPEG image — 9 KB