News

奈良県との連携協定に基づく高大連携事業を実施しました。(2017年9月23日)


2017年10月17日

  • ニュース 大学から

  • 受験生

 本学は、奈良県との高大接続・高大連携に関する協定に基づき、「研究発表会 京都大学への架け橋」を吉田キャンパスで開催しました。当日は、奈良県内の高等学校から約70名の高校生が参加しました。

 この企画は、奈良県内の高校生による課題研究発表と本学大学院生とのパネルディスカッションを行い、参加した高校生が学校間の交流を深めることで、互いに刺激を受け合いながら切磋琢磨し、学問や研究者に対する興味・関心を一層高めることを目的としています。

 研究発表では、各校の研究テーマが非常に多彩で、発表の仕方にそれぞれ工夫があり、研究に取り組む姿勢も非常に素晴らしいものでした。発表の最後には、西嶋光昭 名誉教授による講評が行われました。

 続くパネルディスカッションでは、各校代表生徒6名と、法学研究科法曹養成専攻2回生 日野雄介さん、工学研究科修士課程2回生 安藤悠太さん、工学研究科修士課程2回生 高垣和志さんの3名の大学院生がパネリストとして参加しました。「京都大学における研究活動 ~高校生の学びとのつながり~」というテーマのもと、それぞれの体験を通して活発な意見がかわされ、盛況のうちに終了しました。

高校生による研究発表の様子

パネリストの集合写真


奈良県との連携協定に基づく高大連携事業を実施しました。(2017年9月23日)
現在の画像 JPEG image — 82 KB

No