Events

  • 吉田キャンパス

【中学生・高校生対象】工学部オープンセミナー


2017年07月14日 金曜日

 工学部では、「ひと・社会・工学 -工学のいまを知る-」をメインテーマとして、中学生・高校生の方々を対象に「工学部オープンセミナー」を開催します。

 工学部の教員3名が、それぞれの専門分野に関する最近の研究事例を紹介・解説します。また、質問会では、進路のことや大学生活の様子など、講義内容に関わらず幅広い質問にお答えします。
  • 2017年08月06日 日曜日

13時30分~17時30分
  • 吉田キャンパス

国際高等教育院棟講義室3F
吉田南構内マップ[87]
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/yoshida/map6r_ys.html

中学生・高校生
(※ 一般の方向けには別途「工学部公開講座」を開催します。)

150名(先着順) 
(※ 原則としてすべての講義に参加)

プログラム

13時30分~ 開会
13時35分~14時35分

「超巨大地震に備える-鉄骨造建物の最新の取組-」

聲高裕治 工学研究科准教授(建築学科)

我が国で初めて鉄骨造の建物が造られてから100年あまりが経過しました。度重なる大地震のたびに設計法が見直され、より安全・安心な建物を造ることができるように、絶え間ない研究が続けられています。本講では、近年発生が危惧されている超巨大地震に対する最新の取組について紹介します。

14時35分~15時35分

「昆虫の羽ばたき飛翔の流体力学モデル」

稲室隆二 工学研究科教授(物理工学科)

昆虫の羽ばたき飛翔は、空中停止(ホバリング)や急旋回、急発進など、高い運動性能を持っています。それらの昆虫の中で代表的な蝶とトンボを取り上げ、羽ばたき飛翔のメカニズムを流体力学の視点から考えます。

15時35分~15時55分 休憩
15時55分~16時55分

「スピンを操る~スピントロニクス事始め~」

白石誠司 工学研究科教授(電気電子工学科)

ナノテクノロジーの発展によって、人類は電子の持つスピンという機能を自由に操作できるようになり、「スピントロニクス」という新しい物理学の領域が創られました。本講では「スピン流」という新しい概念にも触れながらスピンを操る面白さを紹介します。

16時55分~17時25分

質問会

工学部の教員が、参加者からの疑問や質問に答えます。

勉学のことや大学生活の様子など、知りたいことがあればぜひ質問してください。

~17時30分 閉会

無料

次の1~2のいずれかによりお申し込みください。
  1. 申込み専用フォーム
    以下の京都大学工学部オープンセミナー申込み専用フォームに必要項目を入力の上、「送信」ボタンを押してください。受付完了メールが自動返信されます。
    京都大学工学部オープンセミナー申込み専用フォーム
  2. 電子メール・Fax
    件名を「オープンセミナー申込」とし、(1)住所(2)氏名(ふりがな)(3)電話番号(4)在籍学校名・学年(5)返信用メールアドレスまたはFax番号を明記し、以下の申し込み先へ送信してください。
※ モバイルやパソコンに受信拒否設定をされている場合、受付完了メールをお届けする事ができません。 受信拒否設定を解除して頂くか、又は「090os2017*gmail.com (*を@に変えてください)」を受信リストに加えてからお申込みください。

申し込み先

〒615-8530 京都市西京区京都大学桂
京都大学桂地区(工学研究科)総務課企画広報掛
Fax: 075-383-2011
E-mail: 090os*mail2.adm.kyoto-u.ac.jp(*を@に変えてください)
※ 個人情報はオープンセミナー運営のみに使用します。

2017年07月30日 日曜日


〒615-8530 京都市西京区京都大学桂 
京都大学桂地区(工学研究科)総務課企画広報掛
Fax:075-383-2011
Tel: 075-383-2642
E-mail: 090os*mail2.adm.kyoto-u.ac.jp (*を@に変えてください)

※ 本セミナーは中学生・高校生が対象です。 一般の方向け「工学部公開講座」については、以下のURLをご覧ください。
http://www.kyoto-u.ac.jp/jasocial/events_news/department/kougaku/events/2017/170806_1410.html

【中学生・高校生対象】工学部オープンセミナー
現在の画像 JPEG image — 300 KB

PDF document icon 2017オープンセミナーweb.compressed.pdf — PDF document, 1030 kB (1055687 bytes)