News

グローバルサイエンスキャンパスELCAS平成29年度専修コース成果発表会を開催しました。(2017年8月19日、20日)


2017年09月04日

  • ニュース 学部・大学院から


     本学が推進する「科学体系と創造性がクロスする知的卓越人材育成プログラム(ELCAS)」の専修コース成果発表会を開催しました。専修コースは2016年度に基盤コースを修了し専修コースに進んだ受講生28名が参加し、2017年4月から8月に発展的な探究活動を行いました。成果発表会では、受講生28名のうち24名が自らの探究成果について発表しました。

     発表会は、常見俊直 理学研究科講師(高大接続科学教育ユニット)の開会挨拶で始まりました。受講生たちは、それぞれが研究室にて実習を行ってきた探求成果をまとめ、工夫ある発表を行いました。それぞれの発表を受けて、会場では活発な質疑応答が行われました。その後、鈴木基史 工学研究科教授(高大接続科学教育ユニット副ユニット長)が全体講評を行いました。

     優秀な発表を行った3名の受講生には、有賀哲也 副学長(理学研究科教授・高大接続科学教育ユニット長)より記念の賞状が授与されました。最後に有賀副学長が閉会の挨拶を行い、発表会は終了しました。

    優秀発表賞受賞 「発表テーマ」、発表者および指導教員

    「ホンモンジゴケが銅イオン下で生息するメカニズム」
    湯原颯太(大阪府立大手前高等学校)、高部圭司(農学研究科教授)

    「副作用の軽減策を臨床ビッグデータから探す」
    小中優衣奈(大谷高等学校)、金子周司(薬学研究科教授)

    「リチウムによる一次繊毛の伸長効果」
    金ズシェン(兵庫県立芦屋国際中等教育学校)、加藤洋平(薬学研究科助教)、中山和久(薬学研究科教授)

    成果発表会の様子(1)

    成果発表会の様子(2)

    優秀発表賞表彰の様子

    集合写真

    関連リンク


    グローバルサイエンスキャンパスELCAS平成29年度専修コース成果発表会を開催しました。(2017年8月19日、20日)
    現在の画像 JPEG image — 578 KB

    No