News

熊本地震被災者救援義援金についてのご報告(2016年10月27日)


2016年10月27日

  • ニュース 大学から


     京都大学では、熊本地震の震災による被災者の方への救援、復興支援のために学内外に広く義援金の募集活動を行ってきました。これまで、教職員、学生、保護者、卒業生や元教職員など一般の方を含む多くの皆さまからの温かいご協力をいただき、2,873,291円の義援金が寄せられました。

     本学では、この善意による義援金を教育・研究活動を通じて本学と関係のある被災地の自治体にお渡しすることとし、理学研究科附属地球熱学研究施設火山研究センターが所在し、教育・研究の場として90年近くにわたり密接な関係を築いてきた南阿蘇村に全額を贈呈することとしました。

     10月20日には佐藤直樹 理事・副学長が南阿蘇村役場久木野庁舎を訪問し、長野敏也 村長に義援金の目録を手渡し、懇談を行いました。

     懇談では、住民の皆さんの生活状況や村周辺の道路、トンネル、橋などの交通インフラの復旧状況に加え、被災した火山研究センターの今後の復旧の見通しについても情報交換が行われました。

     被災地の一日も早い復旧復興をお祈り申し上げますとともに、本義援金にご協力いただきました皆さまに心よりお礼申し上げます。

    義援金目録の贈呈

    関連リンク


    熊本地震被災者救援義援金についてのご報告(2016年10月27日)
    現在の画像 JPEG image — 14 KB