News

文部科学省「令和2年度科学技術分野の文部科学大臣表彰」に本学から11名が選ばれました。(2020年4月7日)


2020年04月08日

  • トピックス 大学の動き


     科学技術に関する研究開発、理解増進等において顕著な成果を収めた者に授与される科学技術分野の文部科学大臣表彰に、本学から科学技術賞で6名、若手科学者賞で4名、研究支援賞で1名が選ばれました。

    科学技術賞

    研究部門

    対象: 我が国の科学技術の発展等に寄与する可能性の高い独創的な研究または発明を行った個人またはグループ

    • 木本恒暢 工学研究科教授
      「炭化珪素半導体の基礎学理と電力用素子実用化に関する研究」

    科学技術振興部門

    対象: 研究開発の社会的必要性に関する研究等の分野において、科学技術の振興に寄与する活動を行い、顕著な功績があったと認められる個人またはグループ

    • 引原隆士 工学研究科教授
      松井啓之 経営管理研究部教授
      北村由美 附属図書館研究開発室准教授
      西岡千文 附属図書館研究開発室助教
      山中節子 附属図書館学術支援課長
      「オープンサイエンスの実現に向けたモデル基盤構築への貢献」

    若手科学者賞

    対象: 萌芽的な研究、独創的視点に立った研究等、高度な研究開発能力を示す顕著な研究業績をあげた40歳未満の若手研究者個人

    • 狩野文浩 野生動物研究センター准教授
      「先端技術を用いた類人猿にお ける他者の信念と感情理解の研究」
    • 小林佑輔 数理解析研究所准教授
      「効率的に解ける組合せ最適化問題の限界を追究する研究」
    • 髙橋重成 白眉センター特定准教授
      「生体内酸化ストレス及び酸素センサーチャネルに関する研究」
    • 東樹宏和 生態学研究センター准教授
      「異分野融合による複雑種間 ネットワークの研究」

    研究支援賞

    対象: 科学技術の発展や研究開発の成果創出に向けて、高度で専門的な技術的貢献を通じて研究開発の推進に寄与する活動を行い、顕著な功績があったと認められる個人またはグループ

    • 石館文善 高等研究院物質-細胞統合システム拠点特任教授
      「生細胞微弱光観察技術支援と共用顕微鏡運用体制構築への貢献」


    No