News

平成30年5月14日深夜から同月15日未明における警察導入及び立看板持ち出しについて


2018年05月15日

  • ニュース 大学から

  • 在学生
  • 一般・地域

 既に一部マスコミで報道されているところですが、平成30年5月14日(月曜日)深夜の警察の構内導入及び立看板の持ち出しについて事実経過を説明いたします。

 平成30年5月14日(月曜日)23時過ぎ、本学本部構内教育推進・学生支援部棟の中庭に設置しているフェンスで囲んだ撤去済立看板保管場所(以下、「保管場所」という。)のフェンスが破損していること、及びフードや布のようなもので顔を隠した身元不明の者3人がその保管場所に侵入し、立看板を持ち出そうとし、また、一部を持ち出していることを職員が現認したことから、不審者の侵入事案として警察に通報しました。なお、フェンスで囲まれた保管場所に侵入した身元不明の者は、教育推進・学生支援部棟の屋根に上り逃走した模様であり、警察が到着・捜索を始める頃には既に保管場所内にはいませんでした。
 京都大学では、この保管場所のフェンスが過去2回にわたり切断されるなど破壊されたため、被害届を出しているところです。本学としては、このフェンス破壊及び保管場所への侵入・立看板の持ち出しという犯罪行為を看過できません。今回の件も本学として、被害届を提出し、本件捜査に協力してまいります。

 また、警察が到着する前後から、過去に本学構内において勧誘行為、ビラ配布、拡声器などを使用して大音量を発するなど本学の平穏な教育研究活動を妨害する行為を繰り返し行ったために本学構内への立入りが禁止された複数の学外者とともに、本学学生等約30人が保管場所周辺に集まりました。上記学外者は、中核派系全学連と関係している者と考えられ、これらの者が中心となり、職員の制止を無視して、警察が捜索中の保管場所に侵入し、立看板等を持ち出しました。この無断で持ち出された立看板等は、本日5月15日(火曜日)現在で、学内外に18枚が再度設置されております。
 本学では、同年5月13日(日曜日)に一斉撤去した立看板等については、返却希望の者には、学生証等により持ち主の身分が確認できれば返却し、法令等の遵守をお願いしているところです。しかしながら、このように、深夜に保管場所に侵入し、かつ、職員の制止を振り切って立看板を持ち出し、本学構内外に再度設置するといった行為は看過することはできません。本件について、今後、本学として、厳正な対処を検討してまいります。

平成30年5月15日
京  都  大  学



No