News

宇治キャンパスで総合防災訓練を実施しました。(2017年10月30日)


2017年11月08日

  • ニュース 学部・大学院から


     宇治キャンパスでは、宇治市東消防署の協力のもと、宇治市で震度6弱の地震(南海トラフ地震)が発生したことを想定した総合防災訓練を実施しました。

     同訓練は、京都大学危機管理計画(地震編)に対応した訓練に地震時の安否確認・情報伝達の要素を加え、負傷者や火災の発生等現実的な想定のもと、組織的な避難誘導・情報伝達を総合的にシミュレーションするものとなっています。教職員で組織する自衛消防地区隊を中心に、その他の教職員、学生など同キャンパス全体で総勢、1000名以上が参加しました。

     避難訓練では、初期消火や安否情報伝達、避難誘導、負傷者の救護、また避難状況の集計等、様々な場面を設定し、参加者は各自の役割を確認しながら実践しました。避難訓練後は、宇治市東消防署の指導による消火器操作訓練を行い、参加者は熱心に説明を聞き、実際に消火器を手に取って消火体験を行いました。

     訓練終了後には、宇治地区世話部局長である岸本泰明 エネルギー理工学研究所長の挨拶、角田哲也 宇治市東消防署予防消防課長からの講評の後、消防署の方と自衛消防地区隊を中心とした参加者との意見交換も行われ、盛況のうちに終了しました。

    岸本研究所長による挨拶

    角田課長からの講評

    安否情報を集計する対策本部

    負傷者の救助訓練

    消火器操作訓練

    避難訓練の様子


    現在の画像 JPEG image — 691 KB

    No