News

橋田充 高等研究院物質-細胞統合システム拠点特定教授が国際薬学連合のHoest Madsen Medal を受賞しました。(2017年9月10日)


2017年09月22日

  • トピックス 大学の動き

  • 在学生
  • 企業・研究者

橋田特定教授

 橋田充 高等研究院物質-細胞統合システム拠点(iCeMS=アイセムス)特定教授・同拠点研究支援部門長が国際薬学連合(本部:オランダ ハーグ市)からHoest Madsen Medal を授与されました。

 国際薬学連合は、300万人といわれる世界の薬学研究者、薬剤師を束ねる国際機関で、139の各国の学協会がその傘下にあります。同機関は学術部門と薬剤師職能部門からなり、それぞれの最高の栄誉賞である Hoest Madsen Medalと Andree Beedat Award が1年おきに授与されています。

 橋田特定教授は、長年にわたり創薬技術、とりわけ薬物の体内での動きを精密に制御することを目的とするドラッグ・デリバリー・システム分野の研究に従事してその発展に貢献し、併せて国際薬学連合で副会長や学術部門議長の要職を務めました。

 授賞式は、韓国のソウルで開催された国際薬学連合の第77回年次大会の開会式に続いて行われ、2,500人の参加者の祝福を受けました。

賞を授与される橋田特定教授(提供: 国際薬学連合)

関連リンク

国際薬学連合 International Pharmaceutical Federation(英語)
https://www.fip.org/


橋田充 高等研究院物質-細胞統合システム拠点特定教授が国際薬学連合のHoest Madsen Medal を受賞しました。(2017年9月10日)
現在の画像 JPEG image — 72 KB

No