教職員公募 教員

教育学研究科 教育社会学講座 准教授

教育行政学・教育政策学の教育と研究

2020年07月06日

経済学研究科 管理会計 准教授

管理会計に関する研究、教育、および関連業務

2020年07月31日

経済学研究科附属プロジェクトセンター 管理会計 講師

管理会計に関する研究、教育、および関連業務

2020年07月31日

教育学研究科 教育社会学講座 准教授

教育行政学・教育政策学の教育と研究

2020年07月06日

経済学研究科 管理会計 准教授

管理会計に関する研究、教育、および関連業務

2020年07月31日

経済学研究科附属プロジェクトセンター 管理会計 講師

管理会計に関する研究、教育、および関連業務

2020年07月31日

理学研究科 地球惑星科学専攻 教授

地球惑星科学に関する教育・研究

2020年07月31日

理学研究科 数学・数理解析専攻 教授(代数学(代数幾何学))New

代数学(代数幾何学)にかかる教育・研究

2020年08月20日

理学研究科 化学専攻(生物構造化学研究室)助教New

生物構造化学分野で高次の生命機能を担う生体高分子に関する研究

2020年08月31日

医学研究科 人間健康科学系専攻 医療検査展開学講座 特定教授

人間健康科学科・人間健康科学系専攻の教育と研究。医学研究科卓越大学院の教育と研究

2020年07月06日

工学研究科 材料工学専攻 准教授

構造物性学分野において次の研究分野に関する教育と研究、ならびに、材料工学専攻の運営にかかわる業務【担当科目】工学部:構造物性学、材料科学実験および演習1および2など。大学院工学研究科:先進構造材料特論、材料工学特別実験及演習第一および第二など。

2020年07月31日

工学研究科 機械理工学専攻 教授

※PDFファイルを変更しました。(2020年7月1日) 募集分野:機械工学の力学体系の基盤をなす材料力学に関する先端的基礎研究を行う分野。担当科目:大学院工学研究科機械理工学専攻における配当科目と研究指導、および工学部物理工学科機械システム学コースにおける配当科目と卒業研究指導。

2020年08月31日

工学研究科 機械理工学専攻 テニュアトラック 助教

募集分野:機械工学における機械機能要素工学の分野にかかる研究・教育および運営を行う。研究においては、機械要素・機構学・トライボロジー・アクチュエータ・マイクロマシン等に関わる研究活動を行う。担当科目:大学院 工学研究科 機械理工学専攻での講義と研究指導、および工学部物理工学科機械システム学コースにおける機械システム工学実験1、2などの科目と研究指導を行う。

2020年08月31日

工学研究科 材料工学専攻 特定准教授または特定助教

プロトン伝導性酸化物に関する固体イオニクス研究(伝導機構、燃料電池/水電解に関する電極反応メカニズム、およびそのセラミックスプロセッシング)

決定次第終了

工学研究科 材料工学専攻 助教

材料設計工学講座において次の分野に関する教育と研究、ならびに、材料工学専攻の運営にかかわる業務。 1)金属を中心とする材料の組織形成・相変態ならびに複合化に関する放射光および中性子による評価と可視化に関連する研究 2)当該分野において、先端材料の萌芽的開発と評価を目指し、材料組織形成から材料プロセス過程までの評価設計に関連した実験もしくは実験と計算を連携させた研究【担当科目】工学部:材料科学実験および演習1および2など。大学院工学研究科:材料工学特別実験及演習第一および第二など。

決定次第終了

農学研究科 応用生命科学専攻 細胞生化学分野 准教授

担当講義:【大学院】応用生命科学 III、細胞生化学講義、細胞生化学専攻演習1・2、細胞生化学専攻実験1、2など。【学部】分子生物学II、分子生物学実験など。

2020年07月22日

農学研究科 応用生命科学専攻 化学生態学分野 准教授

担当講義:【大学院】化学生態学講義、化学生態学専攻演習1・2など。【学部】有機反応機構論I、有機化学実験、応用生命科学演習Iなど。

2020年07月22日

農学研究科 応用生物科学専攻 助教

担当講義:【大学院】昆虫生態学専攻実験1・2、昆虫生態学専攻演習1・2など。【学部】植物保護科学演習、資源生物科学実験及び実験法、資源生物科学専門外書講義など。

2020年08月07日

農学研究科 応用生物科学専攻 准教授

担当講義:【大学院】植物病理学特論I・II、植物病理学専攻演習1・2、植物病理学専攻実験1・2など。【学部】植物病理学II、植物保護科学演習、資源生物科学実験及び実験法、資源生物科学専門外書講義など。

2020年08月07日

人間・環境学研究科 相関環境学専攻 自然環境動態論講座 地球環境動態論分野 助教

[人間・環境学研究科科目]地球環境動態論分野の演習科目など。[総合人間学部科目]自然科学系地球科学分野の演習科目など。[全学共通科目]地球科学関連の実験・演習科目(前後期合計で週6コマ程度)など

2020年07月20日

情報学研究科 通信情報システム専攻 教授

情報学研究科通信情報システム専攻における教育・研究、工学部電気電子工学科における教育、大学・研究科・専攻・学科などの組織運営

2020年08月31日

人文科学研究所 文化生成研究部門 准教授

科学と法・経済をめぐる文化人類学的研究

2020年08月04日

人文科学研究所 文化研究創成研究部門 助教New

人文科学分野における研究・教育、および運営にかかわる業務

2020年08月31日

ウイルス・再生医科学研究所 生命システム研究部門 教授

生命システム研究部門の生命システム研究の一環として、免疫学の生理学および病理学としての両側面の深い理解の上に、生体を細胞社会システムとして捉えた統合的な研究を行う。

2020年08月17日

防災研究所 総合防災研究グループ 社会防災研究部門 防災社会システム研究分野 准教授

社会・経済システムと災害過程との相互作用の解明、リスクコミュニケーションの促進、総合的な防災減災施策の設計・評価の方法論の開発に資する研究を推進する。

2020年07月13日

数理解析研究所(数理解析学系)助教

数学・数理科学に関する研究

2020年07月24日

数理解析研究所(数理解析学系)准教授

数学・数理科学における研究・教育及び研究所運営に関わる業務

2020年07月24日

フィールド科学教育研究センター 里域生態系部門 准教授

(1)魚類の分類学または生態学に豊かな研究経歴を有し、特に舞鶴水産実験所の所蔵する魚類標本を有効に活用した研究を遂行。(2)フィールド科学教育研究センターの「森里海連環学」に関する教育研究推進、同センター提供の全学共通科目をはじめとする講義。(3)大学院農学研究科応用生物科学専攻における大学院生教育。(4)実験所の管理・運営。(5)全国共同利用教育拠点に関わる公開実習及び他大学の共同利用実習推進。(6)フィールド科学教育研究センターの組織運営。

2020年07月31日

フィールド科学教育研究センター 森林生態系部門 教授

1.フィールド研森林生態系部門:全学共通科目:新入生向け少人数セミナー、森里海連環学 I (分担)、森里海連環学 II(分担)、森里海連環学実習 II(分担) 2.農学研究科森林科学専攻森林資源学講座(協力講座)森林情報学分野:農学研究科:森林情報学特論 I 、森林情報学専攻演習、森林情報学専攻実験 農学部:森林環境学(分担)、森林科学概論B(分担)3.地球環境学舎:流域・沿岸域統合管理学(分担)4.教育関係共同利用拠点実習:【本公募教員が担当する科目】公開森林実習 I ((分担)、公開森林実習 II(分担)、公開森林実習 III(分担)

2020年08月31日

フィールド科学教育研究センター 海洋生態系部門 講師New

(1)潮間帯から沿岸域の海産無脊椎動物を材料とした自然史学研究、生物多様性学研究豊かな研究経歴を有し、それを遂行すること。(2)大学院理学研究科海洋生物学分科における大学院生教育に取り組むこと。併設されている京都大学白浜水族館での教育活動に取り組むこと。(3)瀬戸臨海実験所および白浜水族館の管理・運営の責務を、ほかの教員、技術職員、事務職員と連携して遂行すること。(4)フィールド科学教育研究センターの理念の基盤である「森里海連環学」をよく理解し、同センター提供の全学共通科目の講義に取り組むこと。(5)海産無脊椎動物学の専門性を生かした理学部の講義、および理学部の臨海実習に取り組むこと。(6)公開臨海実習を始めとする他大学の共同利用の教育を推進すること。(7)フィールド科学教育研究センター全体の組織運営に積極的に関与すること。

2020年08月31日

学際融合教育研究推進センター 次世代研究創成ユニット 特定准教授または特定講師New

(1)育成プログラム(講習会、ワークショップを含む)開発に関する調査及び国内外の連携機関との調整(2)育成プログラムの企画、実施(講義担当を含む)、結果分析(3)若手研究者の達成度を評価・記録するシステムの運用と改善(4)若手研究者の所属部局、メンターとの連携及び受講相談への対応(5)研究者の育成・教育プログラムにかかる研究

2020年08月07日

環境安全保健機構 健康管理部門 教授

(1)本学の学校医として学生の健康管理、特に精神保健管理に指導的立場として関わる業務。(2)本学の産業医として、総括産業医の指名も受けうる資質を有し、職場の産業衛生管理、教職員の健康管理、特に精神保健管理に指導的立場として関わる業務。(3)本学の教員として上記に係る種々の業務の科学的基盤を構築するための学術研究業務および医学研究科協力教員としての教育業務

2020年07月31日

高等研究院 ヒト生物学高等研究拠点(ASHBi) 特定准教授

拠点のミッション遂行を加速させる能力を有した准教授クラスの主任研究者(PI)を募集。自分自身の研究グループを構築し、研究プロジェクトを率いる強いリーダシップ能力を持っていることが求められる。また研究テーマに対する特段の制限はないが、優れた研究を行い、ヒト生物学(及び関連分野)を先導するような研究者であることが求められる。

決定次第終了

高等研究院 ヒト生物学高等研究拠点(ASHBi)免疫グループ(上野グループ)特定助教

ASHBi では拠点のミッション遂行を加速させる能力を有した特定助教を募集します。免疫グループ(上野グループ)ではヒト由来サンプルから得た免疫細胞のトランスクリプトーム、エピゲノム、機能解析に取り組みます。候補者は優れた研究を行い、ヒト生物学(及び関連分野)を先導するような研究者であることが求められます。オミクス解析、組織からの細胞分離、in vitroでの細胞培養システムなどの分野で経験が豊富な方を優先します。

決定次第終了

高等研究院 ヒト生物学高等研究拠点(ASHBi)腎臓病学グループ(柳田グループ) 特定助教

ASHBiでは拠点のミッション遂行を加速させる能力を有した特定助教を募集します。腎臓病学グループ(柳田グループ)ではマウス、霊長類、ヒト組織を用いて腎発生および腎障害・修復メカニズムの種間比較を行います。さらにカニクイザルを用いて、(1) 腎臓病モデルの作成、(2) 遺伝子改変サルの腎表現型解析、(3)胎内環境が腎発生と生後の腎臓病発症に与える影響の解析を行います。候補者は優れた研究を行い、ヒト生物学(及び関連分野)を先導するような研究者であることが求められます。

決定次第終了

高等研究院 ヒト生物学高等研究拠点(ASHBi) 発生生物学グループ(柊グループ) 特定助教

発生生物学グループ(柊グループ)にて、哺乳類(特に霊長類)初期胚を対象として、哺乳類種間で保存された、あるいは異なる、初期発生機構の解明に取り組む。定量的生物学、多分野融合研究を行い、ヒト生物学(及び関連分野)を先導する。

決定次第終了

高等研究院 ヒト生物学高等研究拠点(ASHBi)精神・神経生物学グループ(雨森グループ)特定助教

精神・神経生物学グループ(雨森グループ)は、特定助教を募集します。優れた研究を行い、既存の研究計画を遂行していくだけでなく、自らの発想でヒト生物学(及び関連分野)を先導するような研究者であることが期待されています。マカクザルの神経生理学に専門性を有する方が望ましいですが、それだけでなく、認知神経科学、計算論的神経科学などの分野から広く適任者を探しています。

決定次第終了