セクション

益川敏英名誉教授ノーベル物理学賞受賞記念「益川先生 ノーベル賞を語る-学生対話集会」を開催しました。(2008年10月8日)

 京都大学名誉教授 益川敏英先生のノーベル物理学賞受賞を記念して、本学の学生に向け対話集会を開催しました。急な開催決定にも関わらず、会場となった理学部6号館には、300名収容の講義室が満員になったほか、立ち見や講義室に入れない学生が多数出るなど、多くの参加者が詰めかけました。理学部6号館前の銀杏並木の通りにも学生が溢れ、到着した益川先生は、講義室まで続く人の道の両側から拍手と「おめでとうございます。」の言葉で迎えられました。

 対話集会で益川先生は、学生時代を振り返ったほか、今の学生達に「外国語ができなくても研究者になれるが、国際化の時代、外国語は必要だから絶対勉強して」とのメッセージが送られました。高校・大学時代の勉強方法についての質問には、ご自身の経験を例にユーモアを交えながら語られ、会場が笑いに包まれた一方、話が興味のある分野への情熱を持ち続けることや同年代の学友と交流し議論を交わすことの重要性に及ぶと、学生達は皆、真剣な表情になりました。話題は社会との関わり方や恋愛論にまで多岐に及び、先生の暖かいお人柄を感じさせるものとなりました。

 また、対話集会の途中、ロンドン出張中の松本紘総長から国際電話が繋がり、総長からお祝いの言葉が直接贈られました。

 対話集会終了後、学生から花束と盛大な拍手が贈られ、受賞決定の翌日という極めて過密なスケジュールの中、時間を忘れて講演をしてくださった先生に感謝の意を表し、大盛況の内に閉会しました。

関連リンク