研究成果

CRISPRスクリーニングによりがん治療薬候補を網羅的に同定 -ターゲットとなりうる600遺伝子を発見-


2019年05月07日


     遊佐宏介 ウイルス・再生医科学研究所教授らの研究グループは、ゲノム編集技術CRISPR-Cas9を用いた遺伝子スクリーニング法を30がん種にわたる300以上のがん細胞株に適用し、新しい治療薬のターゲットとなる可能性のある約600遺伝子を発見しました。

     この中から、大腸がんや胃がんの一部に見られるマイクロサテライト不安定性を示すがんが、その増殖にWRN遺伝子の働きに依存していることを見出しました。WRNタンパク質が持つヘリケース活性が重要な役割を示すことが明らかとなり、このWRNヘリケースの働きを抑える薬を開発することで、これらのがん種に対する新しい治療法を提供できるものと考えられます。

     今回発見されたその他の候補遺伝子を詳しく解析することで、さらに有望な創薬ターゲット候補が見つかり、より多くの治療選択が可能となることが期待されます。

     本研究成果は、2019年4月10日に、国際学術誌「Nature」のオンライン版に掲載されました。

    図:研究全体の流れ (Nature 2019より改変)

    詳しい研究内容について

    書誌情報

    【DOI】 https://doi.org/10.1038/s41586-019-1103-9

    Fiona M. Behan, Francesco Iorio, Gabriele Picco, Emanuel Gonçalves, Charlotte M. Beaver, Giorgia Migliardi, Rita Santos, Yanhua Rao, Francesco Sassi, Marika Pinnelli, Rizwan Ansari, Sarah Harper, David Adam Jackson, Rebecca McRae, Rachel Pooley, Piers Wilkinson, Dieudonne van der Meer, David Dow, Carolyn Buser-Doepner, Andrea Bertotti, Livio Trusolino, Euan A. Stronach, Julio Saez-Rodriguez, Kosuke Yusa & Mathew J. Garnett (2019). Prioritization of cancer therapeutic targets using CRISPR-Cas9 screens. Nature, 568(7753), 511-516.


    CRISPRスクリーニングによりがん治療薬候補を網羅的に同定 -ターゲットとなりうる600遺伝子を発見-
    現在の画像 JPEG image — 213 KB

    No