News

日立製作所と組織対応型包括連携の共同研究契約を締結し、日立未来課題探索共同研究部門(日立京大ラボ)を開設しました。(2016年6月23日)


2016年07月05日

  • ニュース 大学から

  • 本学教職員
  • 企業・研究者
  • 一般・地域

 本学と株式会社日立製作所(以下、日立)は、「ヒトと文化の理解に基づく基礎と学理の探究」を推進するため、組織対応型包括連携の共同研究契約を締結し、日立未来課題探索共同研究部門(以下、日立京大ラボ)を本学吉田キャンパス国際科学イノベーション棟に開設しました。

 日立京大ラボでは、未来の社会課題を洞察し、ヒトやモノが織りなす社会や文化に関する基礎と学理の探究を通じて、社会課題の解決と経済発展を両立する独創的なイノベーションの創出を目指します。

 これらの取り組みの中で、「2050年の大学と企業のあり方」、「人工知能」、「超電顕」の三つのテーマに基づき、課題探索のフェーズから日立と本学の知見を出し合い、積極的な対話を通じて、社会のあるべき姿を導き出す手法や人工知能、先端計測技術などの技術成果と、本学の幅広い学問領域と深いポテンシャルの融合を図ります。

 日立京大ラボでの取り組みを通じ、オープンフォーラムなどを活用した開かれた研究活動の推進や、課題認識や研究成果などの社会への積極的な情報発信を行うことで、「超スマート社会」の実現(Society 5.0)の貢献を目指していきます。

(左)山極壽一 総長 (右)東原敏昭 日立製作所社長
於:京都大学東京オフィス

 

関連資料

 


日立製作所と組織対応型包括連携の共同研究契約を締結し、日立未来課題探索共同研究部門(日立京大ラボ)を開設しました。(2016年6月23日)
現在の画像 JPEG image — 30 KB

No