News

中谷医工計測技術振興財団と長期大型研究助成贈呈に関する共同記者会見を行いました。(2018年1月26日)


2018年01月26日

  • トピックス 大学の動き

  • 企業・研究者

 本学と公益財団法人中谷医工計測技術振興財団は、共同記者会見を京都大学東京オフィスにおいて開催し、同財団から本学に5年間で3億円となる長期大型研究助成が行われることを発表しました。これは、同財団が、医工計測技術*1分野における技術開発や技術交流等の促進と人材の育成を目的とした助成事業の一つとしてこの度新たに創設した事業で、その第一回目として、本学高等研究院に寄附研究部門「医学物理・医工計測グローバル拠点」が設置されました。

 記者会見には、本学からは山極壽一 総長、湊長博 理事・副学長・プロボスト、森重文 高等研究院長、北川進 高等研究院物質-細胞統合システム拠点長が、同財団からは輕部征夫 理事長、家次恒 専務理事、寶田馨 事務局長が、さらに、この事業の採択者である田中求 ハイデルベルク大学教授も出席しました。

 会見では最初に輕部理事長から挨拶があり、この助成事業に対する期待が述べられると、続く山極総長の挨拶では、助成に対する謝辞と、京都大学における研究の国際化およびイノベーションの創出の構想について述べました。続けて、輕部理事長から山極総長へ、目録の贈呈がありました。

 次に湊理事・副学長・プロボストから、高等研究院への寄附研究部門設置の経緯や役割などの説明があり、寶田事務局長より、財団と本助成について概要が述べられました。その後、今回の事業に採択された田中教授より、自身の研究に関する紹介がありました。田中教授は物理学の視点から細胞・組織の力学や集団秩序を研究しており、今回の事業で、独創的な医工計測技術と解析手法を開拓することが期待されています。

 会見の最後に行われた質疑応答では、メディアから多くの質問が寄せられ、期待の大きさを示す会見となりました。

*1生命科学、医療が対象とするモノ・コトの構造、機能、状態などを、物理・化学・生物学・数理的手法を用いて、定量的あるいは定性的に計測する技術。

左から、目録を贈呈する輕部理事長と受け取る山極総長

左から、寶田事務局長、家次専務理事、輕部理事長、田中教授、山極総長、湊理事、森院長、北川拠点長


中谷医工計測技術振興財団と長期大型研究助成贈呈に関する共同記者会見を行いました。(2018年1月26日)
現在の画像 JPEG image — 76 KB

No