News

平成30年度京都大学基金企業寄附奨学金(CES)寄附企業と奨学生の交流会を行いました。(2018年7月12日)


2018年08月06日

  • ニュース 大学から

  • 卒業生

 平成30年度京都大学基金企業寄附奨学金制度(CES)の奨学生が決定したことを受け、京都大学百周年時計台記念館にて寄附企業と奨学生の交流会を行いました。

 CESは、本学卒業生および修了生が活躍する民間企業からのご寄附により2017年度に設立した給付型の奨学金制度で、学業優秀な学生が経済的困窮を理由として修学を断念することのないよう支援することを目的としています。今年度は前年度より5社増の12社より寄附をいただきました。

 交流会ではまず、川添信介 理事・副学長が挨拶し、寄附企業への感謝とともに本学の現状、使命などについて触れ、「給付型の奨学金を必要としている学生は多く、ぜひ今後もご支援をお願いしたい」と述べました。引き続き、寄附企業12社それぞれの代表者より企業の紹介や寄附に至った経緯、また学生に対しての励ましの言葉がありました。その後、田頭吉一 教育推進・学生支援部長より本学学生の経済的状況についての説明、寄附企業への御礼がありました。

 続いて学生と寄附企業との歓談が行われました。最後に奨学生代表の学生が「奨学金のおかげで、経済的な不安なく大学に通うことができている。興味を持っている分野を中心に、今後はより一層勉学に励んでいきたい」と述べました。

代表学生の挨拶

歓談の様子

受賞者及び関係者


平成30年度京都大学基金企業寄附奨学金(CES)寄附企業と奨学生の交流会を行いました。(2018年7月12日)
現在の画像 JPEG image — 151 KB

No