News

iPS細胞研究所 第3研究棟竣工式および記念シンポジウムを開催しました。(2017年5月22日)


2017年05月23日

  • トピックス 大学の動き

  • 企業・研究者
  • 一般・地域

 iPS細胞研究所(CiRA=サイラ)では、新研究棟である「CiRA第3研究棟」の完成を祝して、竣工式、記念シンポジウムなどの記念行事を開催し、盛大にCiRA第3研究棟の開所を祝いました。

 今回完成したCiRA第3研究棟は、細胞調製施設やオープンラボ、培養室などがあり、最先端の研究を行うための設備・環境が整っています。

 記念行事は、山下治 文部科学省文教施設企画部長、山下晃正 京都府副知事、門川大作 京都市長、山極壽一 総長、湊長博 理事・副学長、山中伸弥 CiRA所長によるテープカットに始まり、挨拶の後、内覧会を行いました。

 引き続き、百周年時計台記念館で記念シンポジウム「再生医療のこれから -iPS細胞ストックの活用-」を行いました。山中所長による挨拶に始まり、高須直子 CiRA副所長、西田幸ニ 大阪大学教授、髙橋淳 CiRA教授よりそれぞれ再生医療について講演が行われ、参加者は真剣に聞き入っていました。

 また、西田教授、山中所長、高須副所長、高橋淳教授によるQ&Aセッションが行われ出席者から多くの質問が寄せられ、大いに盛り上がりました。

テープカットの様子

第3研究棟の外観

挨拶の様子(左から山極総長、山下部長、山下副知事、門川市長、山中所長)

研究棟の内観

内覧会の様子


iPS細胞研究所 第3研究棟竣工式および記念シンポジウムを開催しました。(2017年5月22日)
現在の画像 JPEG image — 50 KB