正門前の学生たち
明治後期
陸上運動大会
1899(明治32)年撮影。画面の右上は1910(明治43)年ごろ撮影。
構内で開催された陸上運動大会。画面の右上は医科大学(現医学部)より選抜された陸上運動大会の選手たち。
「ヒゲ党」と称し、豪傑を気取る
1910(明治43)年撮影
医科大学(現医学部)の組織実習
1914(大正3)年ごろ撮影
東京帝国大学との対抗戦
1926(大正15)年撮影
東京帝国大学との対抗戦での陸上競技の得点表。
工学部土木工学科授業
1932(昭和7)年ごろ撮影
食事風景
1939(昭和14)年ごろ撮影
百万遍交差点
1965(昭和40年)ごろ撮影

原爆災害調査班の活動と遭難

調査班が本拠地とした大野陸軍病院
1945(昭和20)年8月6日広島に原子爆弾が投下され、多くの人々が被爆した。 当時大野村では、この地に隣接して約800人を収容する大野陸軍病院があり、その中央の病棟に約100人、また国民学校(現大野西小学校)に約1500人の被爆者が収容されていた。
8月27日中国軍管区司令部から原爆被爆者災害の調査と早急なる対策樹立の為に研究員派遣の要請を受けた京都大学は、直ちに医学部の教授陣を中心とし、理学部物理学者を加えた研究班を組織して来広した。9月3日からこの大野陸軍病院に本拠を置き、診療・研究を開始した。
山津波で倒壊した大野陸軍病院
ところが9月17日この地方を枕崎台風が襲い、同夜10時30分頃、山津波が起り、一瞬にして大野陸軍病院の中央部を壊滅させ山陽本線を越えて海中に押し流した。
このため同病院に入院中の被爆者の殆んど全員と職員合計156人の尊い生命が奪われた。この中には日夜原爆への対策、調査、研究に献身した、京都大学 真下俊一教授(内科学)、杉山繁輝教授(病理学)以下研究班員11人の殉職者が含まれていた。
調査班遭難者の大学葬
1945年10月11日、時計台2階大ホールで執り行われた。
京大原爆災害調査班遭難記念碑
1970(昭和45)年9月建立
京大原爆災害調査班遭難記念碑(PDF)
記念碑由来説明板
記念碑の説明:
第60回京都大学原爆災害総合研究調査班遭難者の慰霊の集いを開催(2005年9月17日)
京都大学原爆災害総合研究調査班遭難記念碑