セクション

研究大学強化促進事業に関する特定専門業務職員(リサーチ・アドミニストレーター)の募集について

※ 応募方法、応募締め切り等の詳細PDFファイル(採用時期)を変更しました。(2013年10月2日)
※ 「京都大学学術研究支援室ホームページ」のURLを変更しました。(2013年9月4日)

2013年8月23日

 京都大学は開学以来「自由の学風」を大学の根幹に据え、自由闊達な対話を基とする研究教育理念を堅持し、様々な領域を越えた独創的な学問体系を構想・構築することにより、世界に冠たる研究大学として我が国の学術研究の発展に貢献してきました。

 しかしながら、昨今諸外国の研究競争力の強化はめざましく、本学も研究競争力を一層向上させる必要があるため、文部科学省事業「リサーチ・アドミニストレーターを育成・確保するシステムの整備(リサーチ・アドミニストレーションシステムの整備)」により、高度な専門的知識・経験を有する者をリサーチ・アドミニストレーター(以下「URA※」という)として採用し、学術研究支援室を発足させ、研究者を支援し、協働で業務の推進に取り組む体制を整えています。

 本学は、今年度文部科学省の「研究大学強化促進事業」に採択され、この事業の研究力強化実現構想の中で、URAを学術研究支援室に新たに採用し、研究力強化のための業務・事業を推進する体制を整備する予定としています。

 今回、上記事業を推進するために以下のような業務を担うURAを学術研究支援室に20名程度新たに募集します。なお、本募集に係る説明会の開催(9月21日(土曜日)13時00分~)や業務の詳細、本学のURAの活動内容等について、京都大学学術研究支援室ホームページに情報を順次掲載していく予定としていますので、そちらもご確認ください。

京都大学学術研究支援室ホームページ: http://www.kura.kyoto-u.ac.jp/recruit/

※URAとは
University Research Administratorの略です。研究者とともに研究活動の企画・マネジメント、研究成果活用促進を行うことにより、研究者の研究活動の活性化や研究開発マネジメントの強化等を支える研究支援業務に従事する人材を指します。

区分 主な職務の概要
学術研究支援室関係 大学の研究力分析や研究戦略立案、競争的資金獲得に向けた研究者支援事業の企画・運営、研究プロジェクトの企画・運営・広報支援、研究者情報の基盤整備、研究環境改善に向けた情報収集・分析、事務部門と連携した諸制度の改革、など
国際関係 海外の大学等との交流推進支援体制の構築、学術研究成果の海外発信、 教職員・学生の国際化事業支援、研究者・学生の海外からの受け入れおよび海外への派遣推進支援、など
情報環境関係 エビデンスに基づく本学の研究推進戦略の立案支援を目的とした研究者の活動分析(研究・教育・社会貢献活動など)、国内外の学術動向に係るデータの調査・分析、本学研究者の活動のモニタリング・集約・可視化を行うためのデータベース設計および及びアプリケーション開発、など
産官学連携関係 大型の共同研究プロジェクトのプロデュース、国際共同研究推進プログラムの支援、産官学連携データの収集・分析、など
学際融合関係 融合チーム研究プログラム等の推進、未踏領域開拓イニシアティブ機構(仮称)の設立に向けた業務、テニュアトラックユニットの設置に向けた業務、など

※応募方法、応募締め切り等の詳細はこちら(PDF)をご確認ください。
※応募書類のうち履歴書については、こちら(Word)よりダウンロードしてください。

関連リンク