セクション

数理解析研究所設立50周年記念講演会・記念式典・記念祝賀会を挙行しました。(2013年11月15日)


汎用ロゴ (1点)


様々な事業で使用するロゴ(2点)

 数理解析研究所は設立50周年を記念して、記念講演会・記念式典・記念祝賀会を開催しました。

 百周年時計台記念館2階国際交流ホールで行われた記念講演会では、第一部「50年間の研究から」をテーマに、柏原正樹 名誉教授が「代数解析と数理解析研究所」、室田一雄 東京大学情報理工学系研究科教授が「最適化理論における離散と連続」と題して講演を行い、第二部では「次の50年に向けて」をテーマに、長谷川真人 数理解析研究所教授が 「ソフトウェアを解きほぐす数学」、中島啓 同教授が「表現論とゲージ理論」、望月新一 同教授が「数論幾何の風景-数の加減乗除から対称性の幾何まで」と題して講演を行いました。記念講演会には一般参加者を含む約260名が参加し、講演に耳を傾けました。

 次いで医学部構内芝蘭会館で行われた記念式典では、森重文 数理解析研究所長の式辞、松本紘 総長の挨拶に続き、木村直樹 文部科学省研究振興局学術機関課長、安西祐一郎 日本学術振興会理事長(代読:渡邊淳平 日本学術振興会理事)、坪井俊 東京大学数理科学研究科長、有賀哲也 理学研究科長、KEUM Jonghae 大韓民国高等研究所長が祝辞を述べ、将来への熱い期待が寄せられました。

 その後の記念祝賀会では、廣中平祐 数理科学振興会理事長(数理解析研究所元所長、本学名誉教授)による研究所設立当時のエピソードを交えた挨拶および乾杯の発声の後、舟木直久 日本数学会理事長、高田章 日本応用数理学会長、佐々木節 基礎物理学研究所長、小谷元子 東北大学原子分子材料科学高等研究機構長(代読:西浦廉政 東北大学原子分子材料科学高等研究機構教授)、樋口知之 統計数理研究所長、若山正人 九州大学マス・フォア・インダストリ研究所長、小田忠雄 東北大学名誉教授が祝辞を述べました。

 祝賀会には学内外関係者約180名が参加し、設立当初から現在までの研究所・関係者の様子がスライドショーで流れるなか、ロビーに設置された懐かしい顔が並んだ集合写真のパネルを囲んで各々が昔話に花を咲かせるなど、和やかな雰囲気のなか盛大に50周年を祝いました。

 なお、祝賀会では数理解析研究所設立50周年を記念して公募から選ばれた数理解析研究所の新しいロゴマークが発表され、次の50年、100年に向けて更なる発展を期待する声があがる中、盛況のうちに幕を閉じました。


左から、柏原名誉教授、室田教授、長谷川教授、中島教授

左から、望月教授、森所長、松本総長、廣中理事長

満員の講演会場の様子

祝賀会の様子

式典での来賓等集合写真
Error AccessControl.unauthorized.Unauthorized on here/portlet_link/macros/portlet: You are not allowed to access 'aq_parent' in this context